月別記事一覧

いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!

月別アーカイブ:2017年01月

2017年01月の記事一覧。いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!
No Image

フリー2
「ありがとうの心と共に」  辛いことが起こると、感謝するんです これでまた強くなれる、ありがとう。  悲しいことが起こると、感謝するんです これで人の悲しみが…

記事を読む

「お餅=太る」いいえ、そうではありません!

フリー
お正月ですね〜(^O^) お餅食べましたか?▼お正月と言えばやっぱりお餅。・昔から、お祝い事に登場し、縁起物の食材となっています。・お正月に餅を食べるのは、平安時…

記事を読む

新年の目標を挫折しないコツ!

フリー2
今年こそは新年の目標を達成しましょ!!★新年に目標ってありますか?ちょっとした行動で叶うコツがあるのです。・日本人は新年に、やたらと目標を立てる傾向があるよう…

記事を読む

ありがとうの心と共に




「ありがとうの心と共に」



20471a06d08c3c721ea4c5b3e113c153_s.jpg




 
 
辛いことが起こると、感謝するんです
 
これでまた強くなれる、ありがとう。
 
 
悲しいことが起こると、感謝するんです
 
これで人の悲しみがよくわかる、ありがとう。
 
 
ピンチになると、感謝するんです
 
これでもっと逞しくなれる、ありがとう。
 
 
辛いことも、悲しいことも、
 
生きることが人生だと
 
自分自身に言い聞かせるのです。
 
 
そうすると、
 
ふっと楽になって、楽しくなって人生が
 
もっと、もっと光り輝いて来ます。
 
 
ピンチはチャンス、人生はドラマです。
 

人生がとても素敵に、素晴らしく
 
より一層、光り輝き出すのです。
 
ますます光り輝く人生を、
 
ありがとうの心と共に・・・。
 カテゴリ
 タグ

「お餅=太る」いいえ、そうではありません!

お正月ですね〜(^O^) お餅食べましたか?


20151128_1443784.jpg




▼お正月と言えばやっぱりお餅。




・昔から、お祝い事に登場し、縁起物の食材となっています。




・お正月に餅を食べるのは、平安時代に宮中で健康と長寿を祈願して行われた正月行事「歯固めの儀」に由来します。







・餅は長く延びて切れないことから長寿を願う意味も含まれています。







▼お餅の健康効果って知ってる?







・お餅を食べることはメリット多数! 少量でも満腹感をしっかり得られるのも嬉しい。





・もち米には、各種ビタミンや必須脂肪酸、米胚芽油、米セラミドなどの栄養分がたっぷり含まれています。






・お餅には、炭水化物、脂質、たんぱく質のほか、疲労回復に有効なビタミンB1、高血圧を予防してくれるカリウムなども含まれています。







・動物性脂肪をいっさい含まない。






▼でも、炭水化物だし、お餅は太るイメージがある…。





・炭水化物の塊でカロリーが高いというイメージがあります。






・いつの頃からか餅を食べると太るというイメージが強くなってきました。それにともなって餅は好きなんだけど太るのが怖い・・・という声も。






・太りそうなのでダイエット中でなくても気になるところ。




□それ、実は誤解なのかも…!





・お餅の特徴をきちんと理解して食べれば太ることはありません。





・実は意外と低カロリー 思ってたよりも低いかも!







・お餅はカロリーとしてはそんなに、怖い食べ物ではありません。






・市販されている切り餅の2個分で、ごはん1膳よりカロリーが少ない。





・餅1つ当たりのカロリーは大きさによって違いがあります。





★腹持ちが良いので間食が減る






・炭水化物である餅は腹持ちがよく、満足感を得やすい食材です。





・胃の滞留時間が短くても、血糖値が高まり、空腹を覚えるほど下がるまでに時間がかかるために「お餅は腹持ちが良い」と言われています。






・少し食べるだけでエネルギーを摂取することができるのも魅力的です。





★ダイエット時のストレスを緩和します。炭水化物を極端に抜きすぎるとイライラなどのストレスにも繋がります。そんな時によく噛む必要があるお餅が助かる!









・食べ過ぎさえしなければダイエット中でも食べても大丈夫。







・良く噛んで食べる必要があるので満腹感も得られやすいです。







・おもちを食べることで炭水化物を適度に摂取し、精神的な安定を図ることで健康的なダイエットに繋がります。






★体温を上げる効果がある。冷え性や低体温の女性には嬉しい効果!





・お餅は体温を高める作用があり、冷え性にも効果がある。





・本来冬場にお餅を食べる機会が多いのは、原料のもち米に胃を温める効果があり、冷え性を改善して元気に暮らせるようにという意味です。







★実は美容効果も高い!! 「よく噛む」ことで、顔周りのシェイプアップにも繋がります。





・血流や「唾液」の分泌を促し、体の中からキレイにしてくれる。







・整腸作用もあり、美肌効果も美容効果も期待できます。






・噛むことで唾液が多く分泌され、唾液による美容効果も期待できる。







▼おいしく食べて上手にダイエット。お餅を食べる時のポイント!







・お餅を食べる際、意識したいのが食べ合わせ。お餅は、食物繊維と食べると、脂肪の吸収を抑える効果が期待できます。お正月には絶対でてくるお雑煮には、野菜をたっぷり入れて食べるようにしましょう。







・野菜をたっぷり入れたお雑煮。食物繊維が消化を助けるので、脂肪になりにくくなります。また、食後の体温も上がるので、エネルギーが消費されやすくなります。







・芯から温まりたい方は、ショウガも入れるとポッカポカ。






・緊張感から唾液の分泌が減少している時でも食べやすい“餅入り味噌汁”や、糖質をエネルギーに変換する際に欠かせないビタミンB1が豊富な挽割り納豆を使った“納豆餅”などを取り入れてみよう。








・焼く前の固い餅を、そのままおろし金ですりおろしてみてください。それを通常の料理に加えるだけで、まったりとしたまろやかな口当たりになり、少量の食事でも腹持ちが良いので満腹感を得る事ができます。








・焼く、煮るくらいしか食べ方がないと思っていませんか?スープやお鍋の具材、グラタンのマカロニ代わりなど和も洋もアレンジが効くんですよ。







・ひとつ注意点としては、お餅は味付けのバリエーションが豊富。どんな味付けをするのかによってもカロリー量は変わってきます。







・お餅は主成分が糖質なので、夜遅くは禁物! できれば日中に食べることをおすすめします。あんこなどをトッピングすると、その分カロリーも上がります。






・1日2つを目安に。切り餅1つのカロリーが120カロリー前後なので、120カロリー×2で、ちょうどご飯1膳分になります。







出典 lulu0803さん







太らない食べ合わせ、時間帯、カロリー等を知るだけで、お餅が身近に感じられるようになった気がしませんか(笑)





続きはこちらからどうぞ!








 カテゴリ
 タグ

新年の目標を挫折しないコツ!

今年こそは新年の目標を達成しましょ!!


148141000030920468_Double-1038x576.jpg





★新年に目標ってありますか?ちょっとした行動で叶うコツがあるのです。






・日本人は新年に、やたらと目標を立てる傾向があるようです。しかし、目標や抱負の達成は、なかなか難しい。せっかく新年の目標を立てたのに、3日坊主で終わってしまった……なんてことを繰り返さないために!






★なぜ新年に抱負を立てるのか?






・新年から新たな気持ちでスタートを切るために一年の始め=新年に今年の抱負を立てるようになったようです。





★では一般的な新年の目標を達成する流れは?






・目標の内容にかかわらず、とにかく「習慣」にしてしまうのが長続きのコツらしい!






★最初に大きな方向性を決める








・「仕事」「恋愛」「友達」「趣味」「家族」「自己啓発」といった分野の中から、新年に重点的に頑張りたい分野を2つか3つに絞り目標と目的をはっきりさせると、自分の行動が変わってきます。その目標を達成するためには何をどうすれば良いか改めて紙に書き出してみましょう。紙に書くことにより目標がより明確になります。「いつまでに」(時間)と「どれくらい」(量)などのように、詳細に設定することで目標がどんどん現実的に見えてきます。











★ハードルは低めに









・「目標」と聞くと、つい難しく辛い内容にしてしまいがち。しかし、自分がワクワクするような楽しいものでOK! 1年間を罪悪感とともに過ごすことを避けるためにも、実現可能な目標を掲げましょう。目標の経過を1年間を半年、四半期、1ヵ月など個々の時期に分けて具体的な目標を立て、その目標を達成するために必要な行動計画を立てていきましょう。細かいゴールを立てて、状況の変化に合わせて軌道修正をしながら、1つずつの積み重ねを行うことで、途中の息切れを防ぐことができます。











★誰かに目標を告げる







・自分の目標や抱負を具体的に話すことで、強く自覚できて、お互いの励みにもなります。できれば、あなたの目標をFacebookに書き込んだり、目標までの過程などを書いた紙をInstagramに投稿したり、ブログに書いたり、親友に直接話したりしましょう。













★守り続けるためのコツ







・笑顔を絶やさない。
笑顔になることによって、やっていることが楽しいと思わせるのです。







・常に見て思い出す。
シンプルですが、新年の目標は手帳やスマホの待ち受け画面など目に入る場所に書いて、見るようにしましょう。






・ゆっくり無理せず続ける。
無理をしないで、できなかった日があっても気にしない(一番大事)2016年を飛躍の年にしていきましょう!








出典 キメラのつばささん






私も毎年、年初に一年の目標を立てますよ〜(^O^)






続きはこちらからどうぞ!









 カテゴリ
 タグ
Copyright © 美肌からはじまる心の美容と健康の学びサロン! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます