月別記事一覧

いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!

月別アーカイブ:2017年12月

2017年12月の記事一覧。いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!
そうなっちゃダメ

フリー2
「そうなっちゃダメ」 何かに失敗すると 人や環境のせいにして  何かが成功すると 自分の手柄だと人は 思ってしまいがち  でも、そうなっちゃだめ  BY ベッキ…

記事を読む

大好き!「ドライフルーツヨーグルト」

フリー
大好き!「ドライフルーツヨーグルト」★すっごい簡単!本当に漬けるだけでOK・ドライフルーツを…ヨーグルトに漬けるだけ!!・ふたつを混ぜて、冷蔵庫に数時間から一晩…

記事を読む

コーヒーの効果・飲み方・注意点について

フリー2
「コーヒーの効果・飲み方・注意点について」■■■コーヒーの効果■■■「ダイエット効果」カフェインは脂肪の分解を加速させたり、自律神経である交感神経を刺激して、…

記事を読む

そうなっちゃダメ



「そうなっちゃダメ」


Cafegoogirl_187931_ljpimg17081708099top_1.jpg




 
何かに失敗すると

 
人や環境のせいにして
 
 
何かが成功すると

 
自分の手柄だと人は

 
思ってしまいがち
 
 
でも、そうなっちゃだめ






  BY ベッキーさん
 
 カテゴリ
 タグ

大好き!「ドライフルーツヨーグルト」


大好き!「ドライフルーツヨーグルト」

50007_dai.jpg




★すっごい簡単!本当に漬けるだけでOK




・ドライフルーツを…ヨーグルトに漬けるだけ!!


・ふたつを混ぜて、冷蔵庫に数時間から一晩置けば出来上がり。



・混ぜる際のコツはいらない。放って置くだけ。



・ドライフルーツから出る甘みでヨーグルトもほどよい甘さになるので、砂糖を加えなくてOK!




・漫画家の羽海野チカさんも感動したという、超おすすめの食べ方です。






★プルプル食感にもう抜け出せない




・ヨーグルトに1晩漬けると、フルーツは水気を吸ってふんわりとなって香りが増し、ヨーグルトはクリームチーズのようになります。





・マンゴーはプリプリ、パインはシャクシャクとした歯応えに!フルーツによって、食感が様々だそうです。





・さらに、フルーツの甘みや香りがヨーグルトに移って味わい深いデザートに!




・一度乾燥させた効果か分からないけどフルーツの旨味も増し、とにかく全体的に濃厚なフルーツヨーグルトに仕上がるのです。






★ドライフルーツ選びは大事らしい





・いろいろなドライフルーツのなかで、マンゴーが一番「生の状態」らしくなります。ただし、マンゴーだけは節約しちゃダメ。安く固いのは戻しても美味にはならず…。






・マンゴーの次点はパイナップル。ただし、柔らかくなるまで時間がかかるようです。




・ベリー系は崩れやすいためオイルコーティングされてるのが多いせいか水分を吸いにくい。半分に割ってあるものだと、水分を吸いやすいかも。






★さらに…オシャレな、おもてなしスイーツにも早変わり





・ヨーグルトディップに!



・パンケーキにかけてもOK! お腹の持ちも良さそう。



・フローズンアイスにしてもOK!





出典 ちっちゃいおばさんさん




簡単なのに美味しいデザートです。是非お試し下さい(^O^)





続きはこちらからどうぞ!





コーヒーの効果・飲み方・注意点について



「コーヒーの効果・飲み方・注意点について」



■■■コーヒーの効果■■■



125644__table-grain-saucer-cup-coffee-drink-smoke-cinnamon_p.jpg





「ダイエット効果」



カフェインは脂肪の分解を加速させたり、自律神経である交感神経を刺激して、エネルギー消費を高める働きがある。コーヒーは一日の摂取量をカップ3杯(400g以内)程であれば、痩せるために優秀な作用を発揮してくれる。


運動の1時間前に飲むことで、その効果を最大限に伸ばす。カフェインには、集中力を向上させる効果と筋肉痛を和らげる効果がある。



「肌のシミ防止効果」


30〜60歳の女性131人を対象にコーヒーの摂取量と顔のシミ、肌の潤い、弾力性の関係を調査した結果、1日に2杯以上のコーヒーを飲む人は、それ以下の人に比べて、シミが少ない。



「リラックス効果」


コーヒーの香りは、ピラジンをはじめとする数え切れない程の香り成分が合わさったもの。コーヒーの香りをかいだ人の脳波を測ると、リラックスした時に出る脳のα波が活性化。1日2〜3杯のコーヒーを飲む女性は、うつになる確率が15%低くなった。ちなみに1日4杯だと、20%も低下したとのこと。



「肝臓に良い」


22年間にわたり12万5000人を対象に調査を行った結果、1日に少なくとも1杯のコーヒーを飲む人は、肝硬変を発症する危険性が20%低下する。毎日2杯のコーヒーを摂取すると、肝がんの発症リスクが約4割減少することが明らかに。



「二日酔い改善」



二日酔いのときに起る頭痛はアセトアルデヒドと呼ばれる物質が主な原因です。この物質をからだの外に追い出し、脳の血液の循環をよくすれば、やがてつらい頭痛は解消されます。その際、有効なのがコーヒーに含まれるカフェインなのです。



「2型糖尿病の発症率を下げる」



コーヒーは2型糖尿病にかかる危険性をも下げると言われています。1日に4杯以上のコーヒーを飲む人は、2型糖尿病の発症率が50%少ないことが判明。さらに、飲む量が1杯増えるごとになんと、発症率は7%ずつ低下する。



■■■飲み方■■■



●「目覚めの一杯より、もっと効率的な時間」は午前9時半から11時半がベスト!


●「エスプレッソよりアメリカンコーヒー」
エスプレッソは深煎りのためカフェイン量は少なく、アメリカンコーヒーは浅煎りの為カフェイン量が多い。



●「砂糖は入れないほうが良い、入れるなら少量」
砂糖を入れると、カフェインの働きが妨害されてしまう。スプーン1杯、5g程度の砂糖であれば血糖値には、ほとんど影響を及ぼさないし脂肪燃焼効果を下げることもない。




■■■飲みすぎ注意!!■■■



「飲みすぎは脂肪を蓄積」


オーストラリアの医学研究や医科大学の研究者達が発表した結果によると、コーヒーに含まれるポリフェノールの一種「クロロゲン酸」が脂肪を蓄積させてしまう。上記デメリットへの対策としては、1日3〜4杯までのコーヒーの摂取であれば、脂肪の蓄積が起こる事がないほか、心疾患などの病気のリスクを減らせる。



「貧血」


コーヒーを飲むことで体内の鉄分が流れだし(吸収されなくなって)貧血を引き起こすことがあります。これはコーヒーに含まれるタンニンが鉄分と化合し溶かされてしまうからです。対策としては、コーヒー・紅茶を飲むなら食後2時間は空けて下さい。



「口臭」


もともと口臭予防の効能を持つコーヒーですが、逆にコーヒーの成分が舌に付着したままの状態を放置しておくと、それが口臭の原因に。口臭が気になるなら、コーヒーを飲んだ後は水を口に含んで舌の表面を綺麗に。



出典 mevius_06さん










 カテゴリ
Copyright © 美肌からはじまる心の美容と健康の学びサロン! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます