月別記事一覧

いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!

月別アーカイブ:2019年04月

2019年04月の記事一覧。いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!
日本人女性が海外でモテる理由

フリー2
「日本人女性が海外でモテる理由」▽気配り上手・自慢の彼女が日本人であるフランスの彼は、パリジェンヌよりも日本人のほうが優れている点として、やはり「気配りのしか…

記事を読む

マルチ調味料だった塩の上手な使い道

フリー2
「マルチ調味料だった塩の上手な使い道」▼塩は調味料としてだけでなく、他にもいろいろ使えるみたいです。家事や美容、健康、そしておばあちゃんの知恵的なものまで、い…

記事を読む

優秀すぎる【お酢】に秘められし16の効果!

フリー
「優秀すぎる【お酢】に秘められし16の効果!」〜お酢が健康にいいということは知られていますが、どれほどの効果があるかご存じですか?〜1、便秘解消抗菌効果により…

記事を読む

日本人女性が海外でモテる理由


「日本人女性が海外でモテる理由」

o0500033220140221112035.jpg




▽気配り上手


・自慢の彼女が日本人であるフランスの彼は、パリジェンヌよりも日本人のほうが優れている点として、やはり「気配りのしかた」をあげています。


・日本人女性として普通だと思って行動していた事に対して、「なんて優しいんだ!気が利く!」と驚かれた事が結構あったという人も多数います。


・日本人女性は食事をおごると、すごく感謝してくれるし、レストランで席につく時に、椅子を引いてあげるだけで満面の笑みで喜んでくれると言う海外の男性は多いようです。


●たとえ建前でも、日本人女性が相手に見せるこの「感謝の気持ち」が、外国人男性のハートをグッと掴んでいるのです。



▽身だしなみが整っている


・日本人女性って、海外の女性に比べると華奢で、世界基準でみてもオシャレに対する意識が非常に高い!


●普通と言われる女性が、実は決して普通ではなく、海外から見ると本当にオシャレで可愛いそうです。


・総じて、日本人女性は「小綺麗」なことである。それは、服装や化粧など外見がそつなく「手がいれられている」ことによる。


●日本人女性は、世界的に見て、日常生活している自分をかわいく魅力的に見せる技術に長けているといえるそうです。


▽見た目がカワイイ


・美しいですね。僕は日本人の女性の可愛い顔が好きです。

・ヨーロッパ人と比べて年の割に若く見えるので、「お人形さんみたい」に見えます。

●若く見えて、本能的に護ってあげる対象と感じるそうです。



▽なんとなく神秘的


・自分が知らない文化的背景もあってミステリアス。

●オリエンタルな雰囲気に魅了を感じるそうです。


▼日本に行きたい・・・一方でこんな理由も…


・日本に滞在出来るビザが欲しいだけの人も正直多いそうです。

・日本に住みたいから日本人と結婚したいという考えの人も残念ながらいるそうです。日本より経済的に豊かでない国ではこのパターンも多いようです。


▼押しに弱い


・日本人女性は、はっきりとノーと言えないので、気がついたら結婚していたというような、ずるずるの関係に陥る国際結婚のケースがいくつもあるように見えます。


・NOとはっきり言えない日本人女性の性格を知った上でしつこくデートに誘って来たり、部屋に招くといったこともよくあるらしいです。


欧米人男性によく見られるレディファーストなどの女性の扱い方にコロッときてしまう女性も少なくありません。



出典 nantenさん







続きはこちらからどうぞ!




 カテゴリ

マルチ調味料だった塩の上手な使い道

「マルチ調味料だった塩の上手な使い道」



shutterstock_149343089.jpg


▼塩は調味料としてだけでなく、他にもいろいろ使えるみたいです。家事や美容、健康、そしておばあちゃんの知恵的なものまで、いろんな「塩の使い道」を紹介します!



▼家事〜キッチン編〜

・匂いの気になるタッパー等の容器は、塩水を入れてシャカシャカ振ると匂いやぬめりが取れます。くもったガラスの容器、グラスみがきに塩とお酢を混ぜたものをスポンジにつけ、こするだけでピカピカになります。


・茶渋も、塩でこすり洗いをするだけで綺麗になります。

・まな板はとかく臭みのある汚れがつきやすく、直接料理に触れるので、ここはぜひ塩で洗い流しましょう。雑菌がとれます。


・油が燃えた場合に塩を振りかけると消火できます。


・アルミニウム製のなべ、ヤカンなどは、塩をコルクまたはスポンジに少しつけて磨きます。いつもピカピカの美しさを保ってくれます。


・油でギトギトに汚れている、フライパンなどの鉄製のものは塩を振り、そのままふき取るだけで簡単にしつこい汚れを落とします。


▼家事〜掃除・洗濯編〜


・色落ちの対策はどうしたらよいか。ここで登場するのが塩です。水2リットルに対して塩大さじ2を目安にいれて洗濯して下さい。塩だけで完全に衣類の色落ち対策ができるわけではありませんが、色落ちしにくくなるそうです。


・色つきのカーテンや洗える敷物を食塩水で洗うことによって、色が明るく映えます。色あせた絨毯やカーペット、敷物などは布を濃い食塩水につけて絞ってから、こすると明るくなります。


・カーペットのお掃除には塩をまいて、掃除機または、ほうきで掃き掃除。細かいちりやほこりに塩が付着して、取れにくいゴミも効率よくとってくれます。


・畳に塩を撒いて軽く掃くといいと言われています。掃除機で吸うのもいいです。畳の中の汚れを吸い取ってくれます。


・水で濡らした布にほんの少し塩をつけて、窓ガラスの汚れが気になる部分を拭きます。塩が汚れをふき取ってくれます。

・水槽の汚れ、くもり取りをする場合は、魚を他へ移し布やスポンジを使い塩水で水槽の表面を磨く。しっかりと水洗い後、魚を戻してやる。塩の研磨作用で水槽の汚れとくもりを取ってくれます。


▼健康・美容編


・浴槽に塩をひとつかみ入れて入浴するだけで、美肌効果や乾燥肌、冷え性、むくみなどに効果あり。
美肌対策は、お湯に塩を溶かして洗顔するだけ。敏感肌の人は、塩の量を少なめに調整しましょう。最後に冷水でしっかり洗い流したら完了です。ピーリング効果やオイリー肌、ニキビ肌に効果があるとされています。



・歯肉の中にたまった余分な水分や歯槽膿漏の原因となる菌を取り除くには少量の塩を指先にとり、とくに歯肉につけてマッサージするような気持ちでこすると、より効果的です。


・マウスウォッシュも簡単に手作りできます。小さじ1杯の塩と小さじ1杯の重曹を、1/2カップの水に溶いて、口をすすぐと口の中が爽やかになります。


・のどが痛いなと思ったら、ぬるい番茶にひとさじの塩を入れたもので、一日に何回もうがいをしましょう。


▼その他、生活全般


・花の切り口に濃い塩水をつけたり、塩を擦り込んでから花瓶にさす事によって生花が長持ちします。

・氷枕に塩を一つまみ入れると、氷枕の温度が低く保たれ長持ちします。

・靴に塩を振りいれることで、消臭と除菌と除湿ができます。

・コーヒーを濃く淹れすぎて苦くなってしまった時は、塩を一つまみ入れるだけで味がまろやかに蘇ります。



出典 神通百力さん







続きはこちらからどうぞ!



優秀すぎる【お酢】に秘められし16の効果!

「優秀すぎる【お酢】に秘められし16の効果!」


setosu.jpg




〜お酢が健康にいいということは
知られていますが、どれほどの
効果があるかご存じですか?〜





1、便秘解消
抗菌効果により腸内の有害細菌を
減らし、腸内の働きが活発に
なることで、便意がスムーズになる
といった効果 が期待できる。




2、口臭予防
抗菌効果により口腔内や消化器官の
有害菌に対し雑菌の繁殖を
抑えることで、口臭予防ができる。




3、ダイエット
酢酸によるエネルギー燃焼、
アミノ酸による脂肪分解など、
ダイエットに役立つ効能が豊富。




4、高血圧の予防
血管を拡張して血液の流れを良くし、
血圧を下げる効果。




5、食欲増進
胃液の分泌を促進し消化酵素の
働きを活発にするため。




6、疲労回復
酢は、酢酸が主体。
酢酸は、糖分と一緒にとることで、
疲労回復に役立つ。




7、冷え解消
血流改善効果で冷え性も軽減。



8、カルシウムの吸収率向上
ビタミンCやビタミンEを効率的に
摂取できるようサポート。



9、静菌効果・殺菌効果
具体的な抗菌効果としては、
【サルモネラ】【ぶどう球菌】
【腸炎ビブリオ】などといった
食中毒菌に対して、著しい静菌効果
・殺菌効果が発揮される。




10、胃もたれや消化不良を防止
唾液の分泌を促して、胃の働きを
活発にして、消化を促進する。



11、アルコールの吸収を穏やかに
飲酒前に酢を飲むことで
効果があるといわれる。




12、二日酔いが治る
酢には肝臓の働きを活発にして、
代謝機能を促進する働きがある。




13、血液がサラサラになる
血行がよくなることで(血液の循環)、
肩こりや手足のしびれなどに効果、
新陳代謝もよくなる。




14、血中コレステロール値を下げる
実際にミツカングループの研究で、
血中コレステロール値が高い人を
対象にして臨床試験を実施した結果、
毎日15ミリリットル以上の、
酢を摂取することで、
血中コレステロール値が低下する
ということが実証されています。




15、ストレス解消
酢は精神安定に欠かせない
カルシウムの吸収を良くするので、
ストレス解消には
「お酢+カルシウム」を。




16、のどの痛みや、イガイガ感
などの炎症を抑える

風邪に塩水のうがいが良いとは
有名ですが、その塩水に酢を
加えてみましょう!
酢が苦手な人は慣れるまで薄目でOK
濃いと逆にむせてしまうので注意。





〜お酢の取り方に注意!〜




●食中か食後がベスト。



●食中に摂れば、血糖値の急上昇を
抑制する働きがあるので
ダイエットに効果的。



●食後に摂れば胃液の分泌を促進し、
食べ物の消化を助けてくれる。




●飲み終わったら、よく口をすすぐ。




●簡単な飲み方の一例として、
水と酢とハチミツを10:1:1の
割合で混ぜて飲んでみましょう。




●暑い時には氷を入れるとさっぱりと
美味しくいただけます。
その他、ソーダ水で割ったり、
ヨーグルトやジュースに混ぜたり、
色々な料理にも使えます。




出典 aribonさん












続きはこちらからどうぞ!




 カテゴリ
 タグ
Copyright © 美肌からはじまる心の美容と健康の学びサロン! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます