コスパ最強野菜!「豆苗」の実力が侮れない!

d0175421_2150111.jpg


栄養価満点、注目の野菜「豆苗」って?




●豆苗(とうみょう、ドウミャオ)は
 エンドウの若菜。
 エンドウマメを、かいわれ大根の
 ように、短期間で発芽⇒成長させた
 ものでスーパーなどで売っています。





・ほのかなエンドウ豆の香りと
甘味があり、シャキシャキとした
食感が特長です。




・β-カロテンをブロッコリーの
5.8倍、ビタミンCをほうれんそうの
2.1倍、食物せんいをアスパラガスの
1.7倍含み、野菜の中でも栄養は
極めて優秀。他にも抗酸化作用のある
ビタミンE、代謝を促すビタミンB、
骨を丈夫にするビタミンKなどを
豊富に含んでいます。






・かつては収穫される量も時期も
限られており、高級中華料理でしか
食べることのできない野菜だった
ようですが、1995年頃から日本
でも栽培が始められ、今では大量に
生産されており一般家庭でも安価で
入手できるようになりました。






・2008年のリーマンショック
以降、豆苗の需要は急速に伸びており
その優れた栄養価や、価格の安さなど
から大人気の野菜となっています。






一度買えば二度おいしい!
自宅で簡単、再収穫







・何より豆苗の人気を支えている
のは、カットした根っこから豆苗を
「再生」できるということ。





・栽培方法も簡単。
カットした根っこをお皿に入れ、
一日一回水を交換するだけです。
外ではなく、キッチンの中で
育てられます。






・1週間〜10日ほどで食べられる
大きさまで再生されます。通常、
充分に食べられるような再生は
1度きりですが、中には2度再生
させ、食べている方もいるようです。





・スーパーなどで売られている豆苗は
衛生的な環境で育てられているので
生食も可能ですが、自宅で栽培した
ものは雑菌が混じりやすいので必ず
火を通してから食べること!






食べ方もいろいろ






・さっと洗ってそのままサラダとして
食べられます。






・下ゆで等の必要はなく、そのまま
炒め料理に使ったり、電子レンジで
加熱して、おひたしなどにも使えます。




・味噌汁や中華スープ、コンソメ
スープなど、和洋中問わず合います。
火が通りやすいので、
仕上げに投入しましょう。




出典 lessthanpandaさん









続きはこちらからどうぞ!





 カテゴリ
 タグ