「ナットウキナーゼで生活習慣病を予防!」







img98a0c2b0zikezj__1_.jpeg




納豆の主な効果とは?!






・最近、納豆の持つ美容と健康効果が注目を集めています。昔は臭い食べ物として、関西から向こう側に住む人たちから納豆は敬遠されていましたが、最近では日本中で愛されています。また海外でも人気が高まっているそうです。最近はサプリメントなどにも納豆に含まれる「ピラジン」や「ナットウキナーゼ」が配合されているものが増えていて、中でも「ナットウキナーゼ」に注目が集まってます。ナットウキナーゼは、納豆のあの独特のネバネバに含まれている酵素の一種であるため、 他の食品から摂取することが一切出来ないからです。またナットウキナーゼは、血液の流れをよくするので「高血圧」「動脈硬化」「脳梗塞」や「心筋梗塞」といった「生活習慣病」の予防になります。このためメタボ関連のサプリメントにナットウキナーゼは欠かせません。





















納豆はメタボ対策に欠かせない?!







・ナットウキナーゼは血栓を溶かす働きがあるので、ドロドロの血液をサラサラにする力があり、しかも血液の流れが改善されるので血圧の上昇を抑えることができます。また、納豆そのものに不飽和脂肪酸のレシチンが含まれていますので、悪玉コレステロールを効率良く分解してくれますので、メタボ対策に欠かすことができない食材です。









納豆で腸の働きが改善できる?!







・納豆はご存知のとおり大豆からできているわけですが、この大豆に含まれる「大豆イソフラボン」が、「HDLコレステロール」を増やしてくれます。HDLコレステロールは、血管の壁はりついたコレステロールを引きはがし、肝臓まで運ぶ働きがあるため劇的に血液の流れが改善されますので、この点だけとっても凄い働きです。








・しかし、これだけではありません。納豆には水溶性食物繊維・不溶性食物繊維があるので、腸の働きを活発化してくます。便秘を解消するために納豆は欠かせません。納豆菌は、お腹の中に入ると善玉乳酸菌の繁殖を促進したり、新たな栄養成分をつくるといったことを同時に行なうために腸内の環境を劇的に改善してくれるすぐれものです。








・腸の働きと血液の流れが良くなれば、生活習慣病を予防すうるえでこれほど確かなことはありません。これもナットウキナーゼなら出来ることなんです。







納豆の持つ効果を最大限高める方法とは?






・納豆が持つ効能を更に高めるための方法として、いくつかご紹介させていただきます。まず納豆を食べる20分から30分前に冷蔵庫から出します。こうすることで納豆菌を増やすことができます。また血液の流れを良くするために朝よりも夜に食したほうが血栓を溶かす働きが高まりますので、気になる方は夜に食べましょう。







・なぜかというと、これにはきちんとした理由があります。まず人が寝ている間は、あまり身体を動かすことがないので筋肉がほぼ使われず、血液の流れが悪化しやすいんです。ですが、夜に納豆を食べることによって、血栓を溶かすくらい血液の流れを良くする働きがあるので、朝晩食べても良い食材ですよね。また、ネギやキムチなどと一緒に食べると健康効果がより高まりますので、お試し下さい。








【出典】kamakurayamanattoさん












続きはこちらからどうぞ!