「意外と使える!「固形石けん」活用法」




396431pm01_32913A.jpg



▼ 今さら固形石けん・・・。でも、家中、身体中に使える優れモノ!



・泡立てるのは面倒だし、小さくなったら使いづらいし・・・。だけど、頂き物だから捨てられないなど、使うのにちょっと困る固形石けん。ですが、家中、身体中、色々な場所で使えるんです。


・台所、洗濯、お風呂用などと分けなくても1つで家中使えます。

・私たちの体は、 頭から足のつま先まで同じ皮膚で繋がっているのに、なぜ細分化する必要があるのでしょう。


▼ そのまま食器洗いに。

・台所にある洗剤でパパっと洗いたいところですが、スポンジに固形石けんを付けて、しっかり泡立てて洗えば、ビックリするほど油汚れに強いことが分かります。スッキリ洗えて、手荒れの心配がいらないのは嬉しいですね。

【注意点】

・洗剤に比べると滑りやすいので、気をつけましょう。


・固形石けんをスポンジにつけて洗うと使いやすいです。

・石けんをきちんと泡立ててから食器を洗うようにすると、ただなすりつけるより汚れ落ちがずいぶん良くなります。


・仕上がりや使い心地においてとっても優秀です。

・固形石鹸に変えると、ビックリするぐらい手荒れが減ります。減るというよりも、なくなるといった方がいいくらい。


▼ 掃除、洗濯もOK!


・日常の掃除に使うには十分です。

・直接ぞうきんに付けて磨く。

・換気扇の掃除がオススメです。固形石鹸一つで、きれいさっぱり洗い流せます。

・洗面台をさっと流す時や、お風呂の掃除、窓拭き…つまり、なんでもOKです。洗う時には、水ではなくお湯を使うと泡立ちがいいです。


・襟の汚れがひどい部分は直接、固形石鹸を塗りつけてこすり洗いをします。

・汚れのひどいもの(靴下や雑巾・布巾)は直接、石鹸をこすり付けて、よくもみ洗い&こすり洗いをして洗います。

・靴を洗うと特によくわかります。
どろどろになってしまったスニーカーは、タワシやブラシに固形石鹸をこすりつけて、洗ってみましょう。ビックリするぐらいきれいになりますよ!スニーカー自体にこすりつけても、もちろんOK。


▼ 洗髪も出来ちゃう!


・市販のシャンプーでは得られない、なめらかな泡立ちになります。最初は、きしみを感じても、使い続けて行くうちにきしみも感じなくなるそうです。

【注意点】

・強くこすりつけないこと。

・石鹸を丁寧ににすすぎ流して下さい。

・髪にハリとツヤが出てくる

・フケが出なくなる

・抜け毛・枝毛・白髪の予防になる

・十分に濡らした髪の毛に泡立てた固形石鹸をつけて、頭皮を軽くマッサージするように洗髪します。

・固形石鹸でのシャンプーは、とてもすっきり洗いあがりオススメ!


▼ おろし金ですり下ろしてハンドソープに!


・すり下ろしたあとに、軽くかき混ぜて一晩置けば、ジェルのような石鹸ができ上がります。これを容器に入れれば、ハンドソープ、ボディソープなど、使い道が広がります。重曹を混ぜると、クレンザー代わりにも!


・耐熱容器に、固形石鹸を細かくきざんで入れ、熱湯を石鹸の3倍くらい加える。よくかき混ぜて、固まりがなくなるくらいまで混ぜる。香りの少ないものや殺菌成分の入っているものはキッチン用に。香料の多いものは洗面所で、と使い分けることもできます。

・ボディソープや食器洗剤、ハンドソープはもちろん、レンジやコンロなどの油汚れ落としにも使えます。


▼ 芳香剤にも!


・タンス、クローゼット、トイレ、玄関など、ニオイがこもりがちなところに置きましょう。

【注意点】

・優しい香りの固形石けんを選びましょう。

・香りが強すぎる時は、石鹸の包み方を調整しましょう。

・タンスの引き出しや衣装ケースなど狭い空間やトイレなどに。

・玄関やリビングなどには、ちょっとした小皿に乗せたりして飾ってみる。

・可愛らしい袋や包装紙に乾かしたせっけんを何個か入れ、リボンで結び芳香剤として。また軽い防虫効果も同時に得られます。


▼ 電子レンジでフワフワソープ。


・固形石鹸が小さくなった時には、小さくなった石鹸を何個か集めてラップに包み、電子レンジで約30秒加熱すると電子レンジのマイクロ波が石鹸の中の分子を激しく振動させ、その摩擦熱でぶくぶくとスフレ状に広がり再形成されます。


・かなりの大きさになりますが、軽くなり、泡立ちも良くなるそうです。

【注意点】

・電子レンジの前から絶対に離れないで下さい。

・焦げそうになったらすぐに停止して下さい。

・電子レンジに匂いがついてしまったらアルコールで拭いて下さい。



出典 lulu0803さん









続きはこちらからどうぞ!




 カテゴリ