男性が「この子とは相性がいいな!」と思う4つの瞬間




1601269top.jpg




●飲み会などで、出会った瞬間に「この人と合いそうだな」と感じることってありますよね。実は男性でも同じこと。どんな時に相性の良さにピンとくるものなのでしょうか。今回は、男性が「この人とは相性がいいな」と思う瞬間を分析します。


★★「嫌いなもの」が一致したとき★★


「共通の敵がいると絆が強まる」とはよく言いますが、嫌いなものが一致すると「相性がいい」と感じることが多いようです。たとえば、運動嫌い、嫌煙家、キュウリが苦手など、それぞれの「嫌いなものトーク」で話が弾んだことがありませんか。良い夫婦の秘訣も、「好きなものより嫌いなものの一致」と挙げる人も意外と多いようです。




★★「流行感度」が一致したとき★★


流行感度は人それぞれです。常に最先端の流行を求める人、流行とは関係なくマイペースで生きる人。ここが合えば「相性がいいな」とピンとくるようです。顕著に表れるのがファッション。自分と同じくらいの流行感度をパートナーに求める人は多いのです。また洋服だけでなく、音楽や食の趣味にも言えるでしょう。




★★「きちんと感」が一致したとき★★


ルーズなことを許せる人と、まったく許せない人と、タイプは分かれますよね。きちんと感のレベルの一致も、相性がいいと感じるポイント。例えば飲み会など短い時間の間でも、「この人はだらしがなさそう」「潔癖っぽいな」など、なんとなく感じ取ることができますよね。自分と同じレベルの人なら居心地がよく、「相性が良さそう」と感じるきっかけになるんだとか。



★★「笑いのツボ」が一致したとき★★


笑いのツボが同じ女性がいたら「相性がいいな」と感じるでしょう。自分と同じタイミングで笑う女の子がいたら、男性はうれしくなるはずです。笑いのツボが一緒ならば、男性が女性を笑わせるのも簡単。笑顔になってくれる女性について、「この子ともっとたくさん時間を過ごしたいな」と自然に思うようです。





いかがでしたか。「相性の一致」はとても曖昧なものですが、ふとした瞬間に「合う!」と思うのは事実です。パートナー探しをしている女性なら、特にフィーリングは大事にしたいものですね!



出典元 TRILL
恋愛コラムニスト・東 香名子さん
 カテゴリ
 タグ