健康についてのカテゴリ記事一覧

いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!

カテゴリ:健康について

健康についてのカテゴリ記事一覧。いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!
コーヒーを飲むと肝臓が元気になる? 豪・研究結果

健康について
「コーヒーを飲むと肝臓が元気になる? 豪・研究結果」これは、豪・モナシュ大学が肝臓疾患のある1,100人の患者を対象に調査した結果だそう。オーストラリアのラジオ番…

記事を読む

幸せになれる12の習慣

健康について
「幸せになれる12の習慣」   1、朝日を浴びる「体内時計をリセットする」  ・眠気をもたらすホルモンのメラトニンは  朝の光を浴びると約14時間後に  分泌…

記事を読む

必見! 犬や猫に与えてはイケナイNG食品

健康について
「必見! 犬や猫に与えてはイケナイNG食品」◆守るのは、飼い主です!人間の体には有益だったり無害だったりするものが、犬や猫には大変な毒になることだってあるのです…

記事を読む

コーヒーを飲むと肝臓が元気になる? 豪・研究結果



「コーヒーを飲むと肝臓が元気になる? 豪・研究結果」


これは、豪・モナシュ大学が肝臓疾患のある1,100人の患者を対象に調査した結果だそう。オーストラリアのラジオ番組「3AW Breakfast」では、こんな会話が交わされました。



shutterstock_95512906.jpg




「ドクター、コーヒーって本当に肝臓の病気に効くんでしょうか?」

「はい。調査の結果はそう示唆しています。肝臓に疾患のある患者を見た限りでは、適度にコーヒーを飲むことが、肝臓のダメージや脂肪肝の症状の軽さに関係しています」

1日2~3杯
肝臓のダメージが和らぐかも


「PLOS ONE」に掲載された調査結果によれば、使用されたのはアラビカ種の豆。対象は、C型肝炎、B型肝炎、脂肪肝の患者でした。

1日2杯ほどコーヒーを飲んだ場合、C型肝炎のダメージは最大13%軽減。脂肪肝のダメージも和らげていたそうで、食べ過ぎや飲み過ぎにも効果が期待できるのだとか。

ちなみに、過去には"お茶"でのテストも行われたそうですが、同様の効果は得られず。つまり、カフェインが関係しているわけではないようです。

さらに、カフェイン抜きのコーヒーもどうやら効果なし。含まれている様々な成分が複合的に関係していると調査に携わったアレックス・ホッジ医師は話しています。


「ドクターはいつも1日に何杯飲んでいるの?」
とのパーソナリティの質問には、"3杯"と回答。1日2~3杯ほどが適量と言えるのかもしれません。

お酒の席や会合続きでちょっと疲れてるなというときは、コーヒーをドリップしてホッと一息ついてみては?


出典 TABI LABOさん






続きはこちらからどうぞ!




幸せになれる12の習慣


「幸せになれる12の習慣」
 
 lgf01a201412221900-640x427.jpg

 
1、朝日を浴びる「体内時計をリセットする」
 

 
・眠気をもたらすホルモンのメラトニンは
  
朝の光を浴びると約14時間後に
  
分泌がはじまりスムーズな睡眠につながります。
 
 

2、朝ごはんを抜かない「脳の活動エネルギーを補給する」
 


・空腹な状態で起きた朝の脳はエネルギー欠乏状態です。
  
朝にしっかりごはんを食べないと脳のエネルギーが
 
不足し集中力や記憶力も低下します。
 

 
 
 
 
3、お腹をいっぱいにしない「細胞の老化防止」
 

 
・腹八分目...つまり一定のカロリー制限により
  
細胞の老化を遅らせることが出来ると確認されています。
 
サルを対象としたアメリカの試験では30%のカロリー制限
 
(腹七分目)によって「 体脂肪 」「 血圧 」「 血糖値 」
  
「 中性脂肪値 」などが改善されたと報告されています。
 
 
 
4、挨拶をする「心の距離を近づける」

 
 
・ある朝、出勤前に自宅の玄関を出ようとしたら
  
自宅前で道路工事をしていたのです。
 
「何でこんな忙しい朝っぱらから...」と
 
心の中で呟き眉をひそめようとした瞬間
  
間髪を入れず
 
「おはようございます!ご迷惑かけます。
 
行ってらっしゃい!」と作業員の方が
 
元気にあいさつをしてくれたのです。
  
心の中で舌打ちしかけた私はそんな自分を
  
恥ずかしく思いつつ
 
「 朝からご苦労様です 」と
 
とまどいながら言葉を返しました。
 

 
5、手書きでメモをとる「思考を整理する能力を磨く」
 
 
 
・メモ書きの一番の効果は頭が整理されて
  
自分が何を考えているのかが明確になります。
  
頭がモヤモヤしている時に、とりあえず自分の
  
考えていることをひたすら書いていくと
 
頭ではまとまっていなかったことが
  
何故か紙の上でまとまっていきます。
 

 
6、いつも笑顔でいる「笑顔で脳をだます」
 
  
・「楽しいから 笑顔になる」ではなく
 
「笑顔を作ると楽しくなる」という逆効果。
  
さらに笑顔でいると楽しいものを見いだす
  
能力も高まります。
  
そして極めつけは「 笑顔は感染する 」という事実。
  
赤ちゃんに笑いかけたら笑い返してくれた経験を
  
したことがある人も多いはずです。

 
  
7、手を洗う「病気を予防する」
 

・菌は「殺す」と言うより「落とす」と
 
言った方が正しいです。
  
手についている菌の数を調査すると

大部分が水で落ちてしまうそうです。
 
菌の数はゼロになるわけではありませんが
  
体内に入る菌の数が少なければ発病しません。
 
 

8、不要な物を溜めない「本当に必要な物がわかる」

 

必要なモノを必要な量だけ必要なときに持つ。
  
モノを捨てると心もスッキリして
  
新しいことに挑戦する気力がわいた...
  
そんな経験をしたことがありますよね。
 
「捨てる」ことは自分の生き方を変える
 
きっかけにもなるのだそうです。
 
 
9、軽く体を動かす「体を動かすことで心を変える」
 
  
・運動後に気分が変化するのは決して気のせいではなく

科学的に説明ができることなのです。
 
運動すると交感神経が活性化され心拍数が上昇し
 
興奮状態になります。 
 
この交感神経優位の時間が増えると意欲的になり
 
ポジティブな思考になるようです。
 
 
10、心を集中する時間を作る「脳の処理能力を高める」
 

 
・瞑想を定期的に続けている人は大脳皮質が厚いそうです。
  
「記憶」「集中力」「意思決定」「学習」
 
などに関連する灰白質の部分が大きいのだとか。
 
最近の研究により大脳皮質の脳回
 
いわゆる脳のシワが瞑想をしていない人よりも
 
多いことが分かったそうです。
  
脳のシワは情報処理能力に関係しており
  
シワが多ければその分 処理能力が上がることを意味します。
 


11、理想の自分を言葉にする「理想の自分を具体化する」
 

 
物事を大きく考え自分の脳にインプットする能力は
 
成功者に欠かせない能力のうちの一つです。
  
そのための第一歩として大きな理想を表現する
  
言葉が必要です。
  
行動や思考は、まずは言葉からだと言います。
  
自分が理想とする将来を具体的に言葉にしてみましょう。
 

  
12、夜10時〜2時には寝る「キレイな肌を作る」
 

 
早く寝て早く起きることは驚くほど健康にも良く
  
生活スタイルとしても充実したものになります。
  
午後10時から午前2時は「肌のゴールデンタイム」
  
と呼ばれていて成長ホルモンが多く分泌されます。
  
この時間帯に眠ることで肌に良い影響を与えてくれます。




出典 心と体が幸せになる12の習慣さん






 
 カテゴリ
 タグ

必見! 犬や猫に与えてはイケナイNG食品


「必見! 犬や猫に与えてはイケナイNG食品」

1144467374299683[1]1.jpg


◆守るのは、飼い主です!
人間の体には有益だったり無害だったりするものが、犬や猫には大変な毒になることだってあるのです。



■タマネギを含むネギ類全般
・エキスもダメ!玉ねぎに含まれるアリルプロピルジスルファイドなどの成分が赤血球を破壊するため、溶血性貧血、ハインツ小体性貧血を起こす可能性があります。


・タマネギのエキスがしみ込んでいるスープや肉じゃが、ハンバーグ、オニオンリング等もNGです。例えばすき焼きのお肉を洗って与えたが、玉ネギのエキスが肉にしみ込んでおり、発症したというワンちゃんもいます。


・玉ネギだけでなく、長ネギ、ニラ、ニンニクなど、ネギ科のものは避けた方がいいです。


■チョコなどのカカオ類


・与えすぎると虫歯になってしまいます。

・カカオはテオブロミンいう成分が体内で毒素に変わることがあります。2009年度では、215件の中毒事例が報告されていますし最悪の場合は、急性心不全を起こして死亡することもあります。


■ぶどう・レーズン

・症状の出ない犬もいますが、ぶどうやレーズンを大量に摂取させると肝不全を引き起こす場合があります。


・嘔吐(おうと)、腎機能障害(じんきのうしょうがい=おしっこの不調)、最悪の場合は死亡することもあります。レーズンを含んだパンも危険です。


■海産物

・与えすぎに注意

・これらを食べ続けることにより、膀胱結石を作りやすくなってしまいます。犬は比較的水を飲む動物なので尿が濃縮することも少ないですが、猫は水をあまり飲まないので、リスクは犬よりも高くなります。少量だと問題ないのですが、そればかりを与えると青魚に含まれる不飽和脂肪酸により、皮膚の下にしこりができる黄色脂肪症の原因になります。

・魚によっては、チアミン分解酵素を含んでいるので、加熱調理をするのが無難なようです。


■ミネラルウォーター ペット用ならOK


・水道水に比べて、ミネラルやマグネシウムの含有量が高いため、尿路結石を生じるリスクが高まります。

・猫に飲ませてはいけないミネラルウォーターの種類は”硬水”です。猫にミネラルウォーターを飲ませる場合は必ず成分表を確認し軟水を飲ませて下さい。軟水とは硬度100mg/L以下の水です。


■鶏の骨、魚の骨


・内臓に刺さることがあるので与えないようにしましょう。

・鶏の骨は砕けると粉々になるので、歯で砕きながら食べると、胃腸に入って、中から胃腸を痛める可能性があります。

・魚の骨も、体内でひっかかりやすく、与えないほうが無難です。


■種を含んだ食べ物


・梅やアンズの他に、桃、びわなどの種にはシアンという中毒物質が含まれています。


・人間でも種の中味を25〜50g食べると生命の危険があると言われるくらいですから、犬たちには、これらの種は絶対にあげないよう注意しましょう。


・種は消化できないので腸閉塞を引き起こす事があります。腸閉塞を引き起すと、種を取り出すために手術が必要になってしまいます。


■キシリトール


・菓子などに使われるキシリトールは犬の血糖値を低下させ、肝不全などを引き起こす原因となります。


・人間には有効だとされているキシリトールですが、ワンちゃんにとっては”百害あって一利なし”犬の唾液は、人間と成分が違うため、砂糖を食べても、口の中では消化されません。


・成分量が多すぎるので、ペット専用や獣医さんの処方したもの以外はあげないで下さい。


■人間の鎮痛剤


・頭痛薬や風邪薬に含まれる鎮痛剤は、人間より犬や猫の方が中毒症状を起こしやすいです。体重50kgの人間が飲む1錠分は、犬猫に換算すると何倍量にも相当します。


・誤って飲んでしまうと、胃腸障害や肝機能障害を引き起こす可能性があり、猫は犬よりも強い症状が表れます。


■スルメ

・スルメは胃で水分を含み膨張します。

・膨れたスルメは腸を通過する事が出来ず、また食道に詰まって吐く事も出来ずという、危険な状態になりかねません。充分注意しましょう。


■貝類

・特にアワビやサザエなど。3月〜5月は貝に含まれる毒素が強くなるため、その毒素によって引き起こされる光線過敏症のリスクが高まります。毛の薄い耳に症状が現れやすく、腫れやかゆみが生じ 場合によっては壊死する事もあります。



出典 ppp_comさん



大切な可愛い家族の健康を管理できるのは飼い主さんだけです。共に過ごす時間は短いけれど、たくさんの思い出と心からの愛情をくれる「もう一人の家族」をどうぞ守ってあげて下さいね。



Copyright © 美肌からはじまる心の美容と健康の学びサロン! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます