健康についてのカテゴリ記事一覧

いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!

カテゴリ:健康について

健康についてのカテゴリ記事一覧。いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!
リニューアル企画6 少し間を空けました

健康について
「リニューアル企画6 少し間を空けました」私は何事も経過観察というか様子を見る時期が必要と考えます。毎日HELO LXと付き合いながら自分の体調と向き合っていく中で…

記事を読む

痩せて健康!炭酸水の意外な効果まとめ

健康について
「痩せて健康!炭酸水の意外な効果まとめ」炭酸水の意外な効果★エネルギー消費力のアップ・炭酸ガスが血管の中に入ると酸素不足になり、その酸素が不足した血管内では血…

記事を読む

知らないと命の危険も...薬と一緒に飲んではいけない飲み物

健康について
「知らないと命の危険も...薬と一緒に飲んではいけない飲み物」■なんで薬は水と一緒に飲まなきゃ いけないんだろう・内用薬(飲み薬)の説明書きには、「○錠を水かぬ…

記事を読む

リニューアル企画6 少し間を空けました




「リニューアル企画6 少し間を空けました」



0B_fLYxImDWbNNlV1dDFzLVlkZ3M.jpg







私は何事も経過観察というか様子を見る時期が必要と考えます。毎日HELO LXと付き合いながら自分の体調と向き合っていく中で「健康」という宝物を維持していくことの大変さと有難さを感じています。人は毎日、年齢を重ね空に還る日まで生きるのなら1日でも長く健康な状態を保ちたいと願うものですよね。








もともと血圧が高めの私ですが季節が落ち着くと安定するので、お世話になっているクリニックのお医者様と相談しながら、お薬の量を減らしてもらったり、軽めのお薬に変えてもらったり、まったく飲まない時期を作ってもらったりしています。飲み続けなくちゃ効かないと言う医師もいますが季節の変わり目に気を付けることと自分自身の健康管理ができるなら薬は妙薬になります。











HELO LXは2時間置きの数値を自動的に測定してデータを保存してくれます。その場で確認できなくても手首からの情報を受け取り「今」の自分と2時間前の自分の数値を見比べることが出来るんです。血圧だけではなく脈拍、呼吸数、自律神経の疲労度など、様々な情報を知らせてくれます。先日も外出中に少し疲れたな、ちょっとフラフラするなと思って測定してみると、血圧も脈拍も、かなり高めの数値になっていて赤い数字になっていました。(通常は黒い数字なのですが数値が高くなると赤い数字に変わります。)








そんな時は少し安静にしています。横になれる場所がなければ椅子に腰かけるだけでも体は落ち着いてきます。温かい飲み物か常温のお水を少しづつ口にすれば数値も徐々に下がってきますし安定もします。大事にならないように普段から気を付けていればHELO LXという小さなきっかけでも命を守ることができますよね。暑い夏が終わり、いきなり寒くなってきた今日この頃です。お体を大切に・・・・・。
 カテゴリ
 タグ

痩せて健康!炭酸水の意外な効果まとめ


「痩せて健康!炭酸水の意外な効果まとめ」





01.jpg



炭酸水の意外な効果





★エネルギー消費力のアップ




・炭酸ガスが血管の中に入ると
酸素不足になり、その酸素が不足した
血管内では血流が増加し、走っている
時と同じ状態になる。
その結果として健康やダイエット効果
に繋がっていくようです。




★疲労回復





・炭酸は筋肉の疲労物質である乳酸を
積極的に体外に排出し、疲労回復を
促進させる効果があるそうです。





★デトックス効果




・炭酸ガスにより血行が促進され、
体内の老廃物の排出が早まります。





★美肌効果





・炭酸水は素肌に良いとされている
弱酸性で抗菌作用を持っているので、
肌を痛めずに細菌を抑制します。
酸素の25倍もの透過性を持ち、肌に
よく浸透して毛穴に詰まった汚れを
すっきりと取り除いてくれるのです。






★便秘解消







・炭酸水を飲むと、炭酸によって
胃の粘膜が刺激され、ぜん動運動が
活発になり、お通じが良くなります。






効果的な使い方






・運動後に飲む




・食前または食事をしながら飲む



・美肌効果を求めるなら150ml
 くらいをこまめに飲む







炭酸を使った意外な使い方






★掃除で大活躍




水アカ系、洗面器、窓ガラス、
トイレ汚れも落ちるようです。




★料理に使う




根菜類が早くやわらかくなる効果。
さらに魚に使うとぬめり、臭みもとれ
、煮込めば味も染み込みやすく
なるそうです。





★炭酸洗顔




洗顔フォームや石鹸を水の代わりに
炭酸水で泡立て洗顔する方法が
効果的です。





★炭酸ガスの入った入浴剤




炭酸水には血行を促進する働きがあり
「炭酸泉」という温泉もありますね。
自宅で使う入浴剤は炭酸が入っている
ものが、おすすめです。





出典 シロちゃん99さん





良いことづくめの炭酸水ですね!




続きはこちらからどうぞ!










 カテゴリ

知らないと命の危険も...薬と一緒に飲んではいけない飲み物



「知らないと命の危険も...薬と一緒に飲んではいけない飲み物」





port_1.jpg




■なんで薬は水と一緒に飲まなきゃ
 いけないんだろう






・内用薬(飲み薬)の説明書きには、
「○錠を水かぬるま湯で服用する」と
書かれているのをよく見かけます。





・つい面倒で、お茶やジュースなど
手近にあるもので飲んでしまう人も
多いのではないでしょうか。





■その理由は相互作用にあります






・薬と飲み物にも、飲み合わせが
悪いもの(相互作用)があります。





・一部の薬は水以外の飲み物と一緒に
飲むことによって薬の作用効果が低下
したり、まったく効果が無くなって
しまうこともあるのです。





■薬と相性の悪い飲み物





〜牛乳〜




・牛乳に含まれる鉄・カルシウムは
"抗生物質"等の吸収を抑えてしまう
ため、避けた方がよいでしょう。
また牛乳は胃の中のpHを上昇させ
アルカリ度を高めてしまい、
腸で溶けるべき下剤が胃で溶け、
吐き気などの副作用を起こしてしまう
こともあります。






〜グレープフルーツジュース〜






・グレープフルーツジュースは、
ある種の薬を代謝する酵素を阻害する
ので、薬が代謝されず効きすぎて
しまうことが報告されています。





・降圧薬とグレープフルーツジュース
を一緒に飲むと、ジュースに含まれる
成分が薬の分解を妨げ、必要以上に
血圧が下がる恐れがあります。






〜アルコール〜




・薬をお酒と一緒に飲むと肝臓は
アルコールのほうを代謝してしまい、
肝臓で代謝されるはずの薬のほうが
後回しになり、そのまま高い濃度で
体内に巡ってしまいます。





・睡眠薬や抗うつ薬、抗てんかん薬、
かぜ薬、花粉症治療薬などは
アルコールにより薬の作用が増強して
非常に危険です。





〜スポーツドリンク〜





・スポーツドリンクの中には糖分が
結構高いものもありますし、水より
吸収が良いように成分のバランスを
取っているものなど、水とは違って
いろんな成分が配合されているケース
が多いようです。






・ある種の抗生剤とスポーツドリンク
と混ぜると、ひどい苦みが発生
してしまいます。




〜コーヒー〜





・元々胃に負担をかけるタイプのお薬
(一部の痛み止めなど)は、カフェイン
との相乗効果で、胃を荒らす可能性が
高くなってしまいます。
カフェインは、尿酸と似ているので、
尿酸の排泄を促す薬と一緒に
摂取すると、カフェインの排泄が
促され効果が、なくなります。





・カフェインには興奮作用があり、
睡眠剤などの場合は効果を打ち消し
あったりもします。





〜炭酸飲料〜




・炭酸飲料水は薬の吸収を弱めると
いわれています。





・胃薬などの制酸剤
(胃酸をコントロールする薬)を
炭酸飲料で飲むと、胃薬が炭酸飲料の
酸を中和してしまい、
体の中では作用しなくなります。





・炭酸は鎮痛剤など痛みを抑える
お薬と相性が悪いです。
一緒に飲むと薬に含まれる成分の
吸収が早くなってしまい、薬の効力が
弱くなってしまいます。





■飲み物だけじゃない!
 食品にも危険なものがあります。






〜納豆〜





・「ワルファリンカリウム」を服用
している方は納豆をたくさん摂取
してしまうと、ビタミンKが腸管内で
多量に作り出されてしまい、薬の
働きが弱くなり、血栓という血液の
塊ができてしまう危険があります。
血管が詰まって血栓症を発症し、
最悪の場合、脳梗塞、心筋梗塞を
起こしてしまう場合もあります。





〜揚げ物〜




・揚げ物など油分の多い食事は、
喘息薬や抗生物質など、影響を
受けることがあります。





・爪水虫などを治療する飲む水虫薬
には、グリセオフルビンという成分が
含まれていますが、脂溶性で油分と
相性が悪いです。





■水なしで飲むのも注意が必要です





・なぜ水と薬を一緒に飲むか
というと、
「薬を水で溶かして吸収を促す」
という意味があるからです。





・水なしで薬を、そのまま飲む人が
いますが、薬がのど(食道)に
引っかかったまま溶け出し、
食道の炎症を起こして潰瘍に
なることもあります。






■薬はコップ1杯の水で飲みましょう




・コップ1杯程度の水で飲むことが、
胃の粘膜の保護にもなりますので薬が
胃まで到達することができ、
その効果を発揮するために、是非
コップ1杯の水でお飲みください。





出典 ppp_comさん




とっても大切なことだと思います。
是非とも参考にして頂きたいです。





続きはこちらからどうぞ!





Copyright © 美肌からはじまる心の美容と健康の学びサロン! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます