健康についてのカテゴリ記事一覧

いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!

カテゴリ:健康について

健康についてのカテゴリ記事一覧。いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!
咳・喉の痛みに効く超簡単な対処法

健康について
「咳・喉の痛みに効く超簡単な対処法」喉(のど)の痛みの悩みは尽きない・・・。そんな時に簡単に出来る対処法を御存じでしょうか?●うがい・温かいお湯に塩を小さじ半…

記事を読む

コーヒーを飲むと肝臓が元気になる? 豪・研究結果

健康について
「コーヒーを飲むと肝臓が元気になる? 豪・研究結果」これは、豪・モナシュ大学が肝臓疾患のある1,100人の患者を対象に調査した結果だそう。オーストラリアのラジオ番…

記事を読む

ダイエットと睡眠の深い関係!ぐっすり睡眠で「痩せホルモン」を分泌せよ

健康について
「ダイエットと睡眠の深い関係!ぐっすり睡眠で「痩せホルモン」を分泌せよ」●睡眠は人間にとって生きるために必要不可欠なものですよね。寝ている時はわりとジッとして…

記事を読む

咳・喉の痛みに効く超簡単な対処法


「咳・喉の痛みに効く超簡単な対処法」







shutterstock_146526803-2-e1425374881237.jpg




喉(のど)の痛みの悩みは尽きない・・・。
そんな時に簡単に出来る対処法を御存じでしょうか?









●うがい





・温かいお湯に塩を小さじ半分入れてうがいをする





・緑茶うがいか、紅茶でうがい。カテキンが効果的!







●口呼吸ではなく、鼻呼吸する






・鼻呼吸をすると鼻の内部で加湿と細菌の除去ができるので、風邪などの細菌に感染しにくくなります。





●玉ねぎ





・たまねぎの皮を剥いて半分に切って、枕元に。






・タマネギに含まれる「硫化アリル」には、咳を止めたり気持ちを穏やかにする働きがあり、安眠にも絶大な効果があります。






●のどを温める





・白ネギを焼いてタオルに包んだものを巻く。






・ネギには「ネギオール」と言う成分が含まれています。この「ネギオール」は抗菌、殺菌、抗ウィルス作用があり、のどの炎症を抑えるのに効果的です。







・スカーフやタオルを巻くと、かなり楽になります。






●マスクをつける






・濡れマスクをオススメします。






・喉を乾燥から防いで潤すために、マスクをするのは非常に効果があります。







●マシュマロ





・マシュマロの中に含まれるゼラチンという成分が、腫れて炎症を起こした喉を柔らかく覆います。





●梅エキス





・ドラッグストアでも売っています。一発でなおるという人もいます。





●はちみつ






・はちみつを、お湯に溶かして、そのまま飲みます。






●ラ・フランスを食べる






・喉の炎症を抑える効果があります。





●水分を取る






・水分で体内を潤す事で細胞膜も潤うので、バクテリアや刺激物と闘いやすくなります。






・紅茶、緑茶、白茶、黒茶、ハーブティーといった温かいお茶をできるだけ飲みましょう。





●のどが痛い時、食べてはいけないもの




・冷たい・辛いなど、のどに刺激のあるもの







出典 se_bianさん






冬は風邪の季節です。暖かくして早めの就寝を心がけて下さいね(^O^)






続きはこちらからどうぞ!







コーヒーを飲むと肝臓が元気になる? 豪・研究結果



「コーヒーを飲むと肝臓が元気になる? 豪・研究結果」


これは、豪・モナシュ大学が肝臓疾患のある1,100人の患者を対象に調査した結果だそう。オーストラリアのラジオ番組「3AW Breakfast」では、こんな会話が交わされました。



shutterstock_95512906.jpg




「ドクター、コーヒーって本当に肝臓の病気に効くんでしょうか?」

「はい。調査の結果はそう示唆しています。肝臓に疾患のある患者を見た限りでは、適度にコーヒーを飲むことが、肝臓のダメージや脂肪肝の症状の軽さに関係しています」

1日2~3杯
肝臓のダメージが和らぐかも


「PLOS ONE」に掲載された調査結果によれば、使用されたのはアラビカ種の豆。対象は、C型肝炎、B型肝炎、脂肪肝の患者でした。

1日2杯ほどコーヒーを飲んだ場合、C型肝炎のダメージは最大13%軽減。脂肪肝のダメージも和らげていたそうで、食べ過ぎや飲み過ぎにも効果が期待できるのだとか。

ちなみに、過去には"お茶"でのテストも行われたそうですが、同様の効果は得られず。つまり、カフェインが関係しているわけではないようです。

さらに、カフェイン抜きのコーヒーもどうやら効果なし。含まれている様々な成分が複合的に関係していると調査に携わったアレックス・ホッジ医師は話しています。


「ドクターはいつも1日に何杯飲んでいるの?」
とのパーソナリティの質問には、"3杯"と回答。1日2~3杯ほどが適量と言えるのかもしれません。

お酒の席や会合続きでちょっと疲れてるなというときは、コーヒーをドリップしてホッと一息ついてみては?


出典 TABI LABOさん






続きはこちらからどうぞ!




ダイエットと睡眠の深い関係!ぐっすり睡眠で「痩せホルモン」を分泌せよ


「ダイエットと睡眠の深い関係!ぐっすり睡眠で「痩せホルモン」を分泌せよ」









●睡眠は人間にとって生きるために必要不可欠なものですよね。寝ている時はわりとジッとしている時間が長いため、寝るだけで痩せるなんて無理!と思ってはいませんか?実は、寝ている時も人間の身体はエネルギーを消費し続けているので、ポイントをしっかり守ればスルッと痩せることだって可能なのです。今回は、そんな魔法のような「寝るだけダイエット」についてご紹介したいと思います。



寝るだけで痩せる!?オーバーナイトダイエットとは?_177101892.jpg







<寝るだけでダイエットできるってホント?>


正しく寝れば一晩で300kcal消費します。実は、私たちの身体は毎日正しく寝るだけで、300kcalを消費すると言われています。つまり、これを1ヶ月続けると寝ているだけなのに、約1kgの減量に成功することも夢ではありません。


<「成長ホルモン」がカギ>



寝ている時のカロリー消費を促しているのは、主に「成長ホルモン」の分泌が関係していると言われています。この成長ホルモンは、寝ている間に身体のダメージを修復させるだけでなく、別名“痩せホルモン”と呼ばれてもいるくらい身体にとって良いことづくめのホルモン。寝るだけダイエットは、この成長ホルモンを活発にすることで、痩せられるといったメカニズムなのです。




●「寝るだけダイエット」の3つのルール


寝るだけダイエットは、ただ単に睡眠をたっぷりとれば良いというわけではなく、“質の良い睡眠”をとることが大切。ダイエットを成功させるために、以下の3つのポイントを必ず守るようにしましょう。




1. 夜中の3時には必ず寝ている
先ほどご紹介した“痩せホルモン”が活発になる時間は、夜10時から3時の間。この間にしっかりと寝ていれば、痩せホルモンがきちんと発動してくれ脂肪の燃焼に大活躍してくれます。また、この時間帯の睡眠は美肌効果も期待できるので、女性であればなるべく心がけたいところ。




2. 眠ってから3時間は熟睡する
また、この痩せホルモンが分泌されるのは、眠りについた直後の「3時間」と言われています。この時間にしっかり熟睡するかしないかで、質の良い睡眠が決まるといっても過言ではありません。なかなか寝付けない方や、途中でよく目が覚めてしまう方は、寝る1時間前から照明を徐々に暗めにして、PCやスマホの使用は控えるようにしましょう。



3. 睡眠時間は7時間を目安にする
アメリカのある大学の研究によると、睡眠時間が短ければ短いほど肥満率が高くなるというデータも。これは、睡眠時間が短くなることで食欲を抑えるホルモン「レプチン」の分泌が減るためと言われています。身体のホルモンバランスを整えるためにも、どんなに忙しくても7時間は確保するようにしましょう。





●快眠に導く寝る前のプチエクササイズ


就寝前の激しい運動は、交感神経が刺激されてしまうため、せっかくの眠気が吹き飛んでしまいます。睡眠の質を高めるためにも、ストレッチや呼吸法のように、リラックスできるようなものを取り入れましょう。特に、呼吸法の一つでもある「ドローイン」はダイエット効果に加え、自律神経のバランスを整える効果が期待できるのでオススメです。




<寝る前のドローインのやり方>

1. 両足を腰の幅くらいに開いてあお向けになり、両手は体の横におきます。
2. 鼻から大きく息を吸い込み、お腹を目一杯ふくらませましょう。
3. 今度は口からゆっくりと息を吐きながら、空気がなくなるまでお腹をへこませていきます。
※回数は、自分が心地よいと感じる範囲で繰り返し行いましょう。




●睡眠を改善すれば一生痩せ体質に!


毎日当たり前に繰り返している睡眠ですが、少しの改善で寝ている間も脂肪が燃焼できることがおわかり頂けたかと思います。まずは一気にやろうとはしないで少しずつルールを習慣化すれば、きっとあなたも太らない体質の仲間入りができるはずですよ。




出典 TRILLさん
 カテゴリ
 タグ
Copyright © 美肌からはじまる心の美容と健康の学びサロン! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます