美肌のカテゴリ記事一覧

いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!

カテゴリ:美肌

美肌のカテゴリ記事一覧。いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!
スッピン美人を作る6つの秘密

美肌
「スッピン美人を作る6つの秘密」1.質の良い睡眠で成長ホルモン分泌。・素肌美人には睡眠が、とっても大切です。・「睡眠不足がブスを作る」と言われるほど、美肌の大…

記事を読む

美肌へ導く、忙しい毎日にピッタリなムーンメソッド

美肌
「美肌へ導く、忙しい毎日にピッタリなムーンメソッド」女性は“月”との関係が深い?! 美肌へ導く、忙しい毎日にピッタリなムーンメソッドとは?●女性の生理が1か月に1…

記事を読む

リップクリームの塗りすぎは逆効果みたい

美肌
「リップクリームの塗りすぎは逆効果みたい」◆ 唇の荒れはリップクリームが原因かも・リップクリームを1日4回以上つける人は 依存症の可能性があります。・リップクリ…

記事を読む

スッピン美人を作る6つの秘密


「スッピン美人を作る6つの秘密」



ad0162a1_640.jpg



1.質の良い睡眠で成長ホルモン分泌。


・素肌美人には睡眠が、とっても大切です。


・「睡眠不足がブスを作る」と言われるほど、美肌の大敵とされる睡眠不足。


・成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠後3〜4時間。


・肌に大切なのは、成長ホルモンなので睡眠のポイントは、寝る時間を統一すること。



2.スロートレーニングでさらに成長ホルモン分泌。


・スロートレーニングは「若返りホルモン」と言われる成長ホルモンの分泌を促し、肌のハリ、ツヤを促進し、シワを減少させる働きがあります。



・スロートレーニングでは関節組織にストレスをかけすぎることもなく、また少ない回数、短い時間でより高い効果を望むことができます。


・特に高負荷トレーニングで怪我のリスクのある高齢者や重い重量を扱うことに抵抗のある女性におすすめのトレーニングです。


3.善玉菌を増やす食品を毎日欠かさずにとる。


・善玉菌を増やす食べ物・食品は、ヨーグルト・チーズ・納豆・味噌・キムチなど乳酸菌を多く含んでいる発酵食品。


・チーズには生きた乳酸菌や酵母を含んでいるので食べることで腸内に乳酸菌を増やします。


・みそは大豆を発酵させたもので、乳酸菌や酵母菌を多く含んでいます。


・醤油も大豆を発酵させてできた食品ですので、乳酸菌・酵母菌を多く含んでいます。


・漬物にも乳酸菌が多く含まれています。善玉菌を増やす食品としてとても効果的なのが「漬物」です。


4.コラーゲンを体内で合成するために必要なビタミンC


・ビタミンCは、コラーゲンを体内で合成するために欠かせません。


・葉物野菜+果物をミキサーにかけたグリーンスムージーやフレッシュなフルーツを食べるのがオススメ。


・レモン・ライム・オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘類、柿、アセロラ、キウイフルーツ、トマトはビタミンCの含有量が非常に多いです。またパプリカのビタミンCはレモンより多いそうです。


・そのほかロースハムやベーコン、タラコ、焼き海苔などにも多く含まれています。


5.セラミドを無くさず肌に負荷をかけない、ぬるま湯洗顔。


・石鹸や洗顔フォーム、スクラブなどを用いた角質を削る洗顔は、せっかく分泌したセラミドを失ってしまう場合があります。


・皮脂には界面活性剤(石鹸)と同じ成分が含まれているので、ノーメイクの時は、ぬるま湯洗顔だけで十分汚れが落ちます。


6.ストレスに強くなれば美肌美人になれる。


・お肌はストレスによる症状が最も現われやすいパーツといわれています。


・ストレスを感じると、体内からコレチゾールが分泌され、スッピン肌に大切なコラーゲンやエラスチンの代謝を低下させてしまいます。プライベートな時間は自分の気分に従ってストレスを解消するよう心掛けましょう。


・夜、何時に寝ても、朝同じ時間に起床するようにすると、自律神経が整いストレスが溜まりにくくなります。


・輝くようなスッピン肌は、「肌に負担をかけず、心と体に必要な栄養を与える」という、ちょっとした意識が大きな効果を生むようです。



出典 tame2000さん








続きはこちらからどうぞ!




 カテゴリ

美肌へ導く、忙しい毎日にピッタリなムーンメソッド



「美肌へ導く、忙しい毎日にピッタリなムーンメソッド」





女性は“月”との関係が深い?! 美肌へ導く、忙しい毎日にピッタリなムーンメソッドとは?



b63666c1afaa4f21b32aab42c64bb0aa.jpg






●女性の生理が1か月に1度来ること、お肌のターンオーバーの平均日数が29.5日であること、満月の日に出産する女性が多いことなどをご存知でしたか?実は月の満ち欠けによる引力と、人間の体内の水分には深い関係があると科学的にも指摘されているのです。






●この月との関係を上手く取り入れることで、美肌に導くことができるといわれているのが『ムーンメソッド』。あの絶世の美女といわれているクレオパトラも、星や月を読んでいたといわれているのだとか。それでは実際、どんな時にどのようなお手入れをしたらいいのかをご紹介します。





★月の満ち欠けでお手入れを変える!

私たち、人間の体の約60%以上が水分でできています。海水が月の引力で満ち引きするように、私たちの体にも月が少なからずとも影響があると言われているのです。この月との関係を使った美容法が『ムーンメソッド』です。月の形によって、お手入れ法を変えるというもの。このムーンメソッドを取り入れれば、心も体も穏やかに過ごせるかも?忙しいアラサ―女性にこそ知ってほしい『ムーンメソッド』を、始まりの新月からご紹介します。






≪新月≫浄化・解毒


この時期は、行動力がアップ。パワーで満ち溢れて、意志力が強くなる時期だといわれています。そんな新月は『浄化・解毒』をするのがおすすめ。具体的には古い角質を取りさり、余分な皮脂を除去してあげるのに適している時期です。またバスタイムには、浴槽にバスソルトなどを入れ40〜41度の熱めのお湯で半身浴!代謝をアップさせてデトックスしちゃいましょう。




≪上弦の月≫補給・摂取


気持ちが安定する時。さまざまなものを吸収して、エネルギーを蓄える時期だといわれていますが、実はこの時期からはムクミが出やすい時期。そんな時、お肌には余分なものをさらに吸収させないようにするため、十分に保湿することが大切です。化粧水を重ね付けしたり、入浴しながらパックをしたりして、保湿に勤めてみて。ムクミやすい時期なので、39〜40度のぬるま湯に半身浴したりして、代謝を上げてムクミを除去。この時もバスソルトを入れてあげると、余分な水分を排出しやすくなるので、おすすめです。また、ここでリンパマッサージするのもGood!





≪満月≫鎮静・解放


よく満月の日は「ソワソワする」「充実感がある」などという女性が多いのが、この満月。吸収力はピークになるのですが、気持ちが不安定になりやすいのだとか。そこで満月の日には、とびっきり自分を甘やかしてリラックスさせてあげることが重要です。緊張やイライラをほぐしてあげましょう。全体的に、この日ばかりはお気に入りの香りのよいものをチョイスするのがおすすめ。38〜40度のぬるめのお湯で、ゆっくりと湯船に浸かります。バスタイムや化粧水、いつもよりもたっぷりのクリームで、お肌のストレスを和らげてあげて。満月の日は好きなエッセンシャルオイルなどを使用して、深く何度も深呼吸。この日は、いかに自分をリラックスさせられるかが勝負。ヘッドマッサージをするのにもピッタリな日です。





≪下弦の月≫解毒・浄化・発散


この時期の気持ちは、安定していて人に貢献したい!という気持ちが高まる時期だといわれています。最もデトックス効果が高まる時期だともいわれていますから、ダイエットを始めるにはもってこいの時期。そのためこの時期は、バスソルト入りの少し熱めの40〜41度のお湯に半身浴して、汗をたっぷりとかいてデトックス。顔も体もリンパを意識して、余分なものを排出するようリンパマッサージを。化粧水やクリームですべりを良くしてから、顔はあごから上へ輪郭をなぞるようにしてこめかみへ流します。顔だけ左を向き、左手で耳の裏側の髪の毛の生えていない場所を上から下、首の筋の出ている部分へ圧を加えながら、鎖骨のくぼみに流します。ボディーも滑りやすくしてあげたら、おへそ周りをクルクルとマッサージ。その後は股関節の内側に老廃物を流しましょう。





★知ってみると意外と当てはまる?


普段、あまり意識せずに過ごしていたムーンメソッド。しかしちょっとだけ月に意識を向けてみると、感情や体の感覚が意外と当てはまっていると感じるのではないでしょうか。日々の生活でバタバタとしてしまいがちで、空を見上げる余裕もない人は、今日からさっそくムーンメソッドを取り入れてみて。ちょっとばかり空を見上げるだけでも、心も体も満たされる気分になれるかもしれません。心にも体にも余裕のある女性こそ、本物の輝く女性なのではないでしょうか。





出典  TRILL
 カテゴリ

リップクリームの塗りすぎは逆効果みたい


「リップクリームの塗りすぎは逆効果みたい」

243831_wl.jpg



◆ 唇の荒れはリップクリームが原因かも



・リップクリームを1日4回以上つける人は
 依存症の可能性があります。




・リップクリームの塗りすぎは
 かえって唇を乾燥させてしまいます。





◆ 唇は刺激に弱い





・下唇に塗って「ん〜パッ」と
 上唇と擦り合わせる塗り方は唇を痛めます。

 



・唇の角質層は薄いため、噛んだり
 こすったりすると傷つきやすいです。




◆ 成分に反応して荒れる




・敏感肌の人は特に、
 荒れやすい成分に反応してしまいます。




・リップクリームに使われている
「ヒマシ油」が原因になることも。




・「ヒマシ油」は口紅やリップクリームに
 一般的に入っているものですが、
 一部の人には合わない場合があり、
 それが原因で荒れてしまうこともあります。



・香料や色のつく成分でかぶれることもあります。


・他にもメンソレータム・メンターム・
 メントール・ミントには注意が必要です。
 これらが入っていないリップクリームにすると、
 荒れが治ったという例もあります。




◆ リップクリームの落とし忘れも原因




・落ちていないリップクリームの
 油が荒れの原因になります。




・洗顔する時に、クレンジングなどで
 唇も丁寧に洗う必要があります。



◆ 間違った使い方を続けると




・リップクリームの成分で過剰保護になり、
 自浄作用が低下し細胞のターンオーバーを
 促すサインを妨げてしまいます。




◆ リップクリームで唇を傷つけないために




・ホホバオイルやビタミンが
 配合されているものを選ぶ。



・塗る回数は1日3回ほどにしましょう。



・乾燥感が強くても塗る回数を増やさない。




・たてじわに沿って上下ともに優しく。




・スティックタイプなら、
 ぽんぽんと押すように塗りましょう。






出典 アルフォーとさん











 カテゴリ
Copyright © 美肌からはじまる心の美容と健康の学びサロン! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます