美容のカテゴリ記事一覧

いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!

カテゴリ:美容

美容のカテゴリ記事一覧。いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!
保湿には「ヴァセリン」がおすすめ!

美容
保湿には「ヴァセリン」がおすすめ!◆ヴァセリン1859年にアメリカで誕生したロングヒット商品。赤ちゃんから大人まで、顔から体まで何んでも使える素晴らしいクリーム。…

記事を読む

体を温めるエクササイズ

美容
「体を温めるエクササイズ」▼動かない生活は冷え症の原因になる・椅子に一日中座りっぱなし、仕事でパソコンを一日中使い、全く運動もしないような現在の若い人達にも多…

記事を読む

バナナは「80℃」まで温めると、秘めた力を発揮する…!

美容
バナナは「80℃」まで温めると、秘めた力を発揮する…!バナナは温めるとスーパーフードになる免疫パワーバツグンの「80℃バナナ」とは文字通り、80℃くらいに温めたバナ…

記事を読む

保湿には「ヴァセリン」がおすすめ!



保湿には「ヴァセリン」がおすすめ!




shutterstock_113936206-20160210190043.jpg




◆ヴァセリン
1859年にアメリカで誕生したロングヒット商品。赤ちゃんから大人まで、顔から体まで何んでも使える素晴らしいクリーム。医薬部外品です。



◆白色ワセリン
ヴァセリンよりも純度が高いワセリンです。ヴァセリンの成分が気になる方はこちらを。医薬品です。


◆サンホワイトP−1
純度が高い白色ワセリン、プロペトよりもさらに徹底して不純物を取り除いた神がかっているサンホワイト。なぜか医薬品ではなく、化粧油に分類されています。



▼傷の保湿に使える!


・ヴァセリンに治す成分があるわけではなく、保湿してくれるから体の治癒力で治るそうです。

・湿潤治療ってやつですね。アメリカで手の手術をした時の事ですが、術後のキズのケアは、消毒した後、すべてヴァセリンのみでした。これにはビックリでしたよ〜!!!ちなみにキズはきれいに治りました。(by ぷるんこさん)



・実際切り傷や火傷の時に、コレを塗ってラップを巻くという浸潤療法を試したところ、いつもより回復が早く、傷跡も残りませんでした。(by passeさん)



・スポーツとかで血がとまらなくなった時に応急処置


▼ヴァセリン+ラップでプル肌


・唇はもちろん、顔にも◎唇にヘルペスらしきものができた時に塗りまくりました。痛みが和らぐので本当に助かりました。(はちみつを混ぜてヘルペス?に塗ったら痛すぎて泣けました。)



・私はこれを塗ってラップでパックします。そうすると、ぷりぷりになります!(by あゆちん!!!!!さん)


・ヴァセリンを塗った上からラップでしばらくパックするとぷるぷるになります。

・父に唇が切れたときはこれをたくさん塗ってラップパックすると良いよと教えて実践させたら唇治って喜んでました。(by ちゃーチャンさん)


▼赤ちゃんみたいなカカトに・・・根気よく続けることが大事ですね



・寝る前にたっぷり塗ると、翌朝これもまた驚く程潤って、ツルツルになります。(by 紫カフェさん)

・よーく刷り込めば翌朝すべって転びそうなほどつるつる。まじです。(by cocoflavorさん)


・化粧水とコレをたっぷりつけて、靴下やひじあて、手袋をつけて寝ると翌朝もちもちになっています。(by myhikouさん)



▼マツゲが元気になる・・・異物を守るために伸びる、保湿したから伸びるなどが理由ではないかと言われています。不思議ですね〜



・気のせいかもしれないけど、まつ毛が伸びてきた気がします。(by ちびゅんさん)


・これをまつ毛になじませて、数秒まつ毛を抑えてみるとビューラー効果があって、まつ毛がアガるんです。(by otakuさん)
 

・塗り続けると長さはもちろん量や太さの効果も出ました。(by チェスさん)


▼髪の毛にも・・・髪の毛の保湿にも、セットアップにも☆



・整髪料のかわりなんかにもつかえます。

・髪のアホ毛を落ち着かせる。(by ayapooooonさん)

・しっとり落ち着いた編みこみヘアーが出来上がります。(by Micky-Asiaさん)


▼ニキビにも効果あり・・・悪化する場合はすぐに使用を中止してくださいね。私はニキビにもニキビ跡にも、めっちゃ効きました!



・吹き出物ができたり、皮ふが炎症を起こしたとき、ニキビ用クリームの代わりに使える。

・騙されたと思って試してみました 。大人ニキビに悩まされていたのが、嘘みたいに出来なくなり吹き出物も出なくなりました。


▼クレンジングの役割も


・マスカラも落ちるし、睫に優しいよ。

・メイク落としで落ちなかったマスカラを取るのにヴァセリンを使うのは結構便利です。

・まぶたにくっつく所までくっつけて、 なじませた後、細かいコームで溶かしてティッシュで拭くと、 綺麗に取れます。



出典 acnlさん









続きはこちらからどうぞ!



 カテゴリ
 タグ

体を温めるエクササイズ


「体を温めるエクササイズ」

f7709148bec3995e30ae5dc1ae2d96b8.jpg



▼動かない生活は冷え症の原因になる






・椅子に一日中座りっぱなし、仕事でパソコンを
一日中使い、全く運動もしないような現在の若い
人達にも多いタイプの冷えです。





・デスクワークを長時間行う事も、血流を低下させ、
冷え性の原因になります。




・運動不足による筋力の低下が、むくみになり、
代謝が落ちて脂肪と変化して、冷えに繋がるケース。






▼足を組むクセのある人は特に注意






・足を組むのも下半身の血行不良につながります。
骨盤も歪むと言われていますので、できるだけ
足を組むのは避けた方が良いでしょう。





▼生活の中でプチトレーニング






■階段を使う






・今までエレベーターやエスカレーターを使っていた
ところを階段で上り下りするようにしてみましょう。
階段の上り下りは、平地よりかなりエネルギーを
使うそうです。





■こまめに動く







・普段の生活の中で、こまめに動くのが効果的です。
特に歩く機会を増やして動く習慣をつけましょう。






▼体を温めるエクササイズ







・じゃんけんのグーとパーを繰り返します。
グーの時は親指を中に入れてギューッと握り、
パーの時は出来る限りピーンと指を張ります。
やっているうちに、だんだん指先が温かくなって
くるのを感じます。







■二の腕のエクササイズ







・両脚を肩幅に開き、両腕を真横に伸ばし、
手のひらを外側に向ける。
この状態で後ろから前へ10回、肩を回す。
肩まわりの血行を良くして肩こり解消も。







■股関節をほぐして血流アップ






・女性は骨盤内の血流が滞りやすいので、
股関節のストレッチで血行不良を解決します。
動かない生活の人は特に股関節が固まりがち。
しっかりとほぐしましょう。







■スクワットで大きな筋肉を鍛える






・筋肉は、全身の熱の40%を産出すると言われます。
その筋肉の70%以上が腰より下に存在します。
大きな筋肉を鍛えると冷えにくくなります。
太ももは特に冷えを感じやすい部分なので
筋肉量をアップして冷えを解消しましょう。






▼おしりのストレッチ






・手の甲でおしりの皮膚に触れてみて「冷たい!」
と感じたら、冷えのサイン。即効のお尻ほぐしで、
こりかたまったお尻の筋肉を緩めてあげましょう。
おしりが冷えるとむくみやすくもなります。
1週間に1度でもいいので継続することが大切です。







■ふくらはぎの筋トレ






・つま先を上げ下げして、ふくらはぎを張ったり
ゆるめたりします。ふくらはぎを触って冷たいと
感じたらやってみてください。
立っていても座ったままでも出来る
簡単なエクササイズです。






■アキレスけんを伸ばす






・右足を大きく前に踏み出し徐々に体重をかけます。
左足のかかとが浮かないように、ふくらはぎを
約10秒間ゆっくり伸ばしましょう。
元の姿勢に戻り、反対側の足も同様に行います。
1日数回やるのがおすすめ。
休憩時間など空き時間を使ってやってみて下さいね。






■足首をほぐす





・足首は内まわし、外回し、かかとつま先の
ストレッチの3種類足首のまわし方は3パターン。
むくみ解消や足首を細くし美脚効果もあります。






■つま先の冷えに






・足の指で、グー・パーをする。
末端冷え性の人はグーチョキパーをしてみたり、
指先を回したりして良く動かすようにしましょう。








出典 mimaniさん












続きはこちらからどうぞ!




 カテゴリ

バナナは「80℃」まで温めると、秘めた力を発揮する…!


バナナは「80℃」まで温めると、秘めた力を発揮する…!

E1434937741106_1.jpg


バナナは温めるとスーパーフードになる


免疫パワーバツグンの「80℃バナナ」とは
文字通り、80℃くらいに温めたバナナ。



ポリフェノール類や多糖類などが豊富に含まれているため、
断トツの免疫力アップ効果があると言われるバナナ
温めることで、その効果がアップするのです。


80℃という温度には意味がある



栄養効果も良く、美味しさもあるのが「80℃くらい」



バナナ自体を大きく焦がしてしまうと、
たんぱく質が変性して、免疫パワーが得られにくくなる
ので、焦がさないように作ることが重要です!
超簡単なので、早速作ってみよう!



1.バナナの皮をむいて、縦半分にカットする。



2.フライパンにグラニュー糖をバナナの形に広げ、
その上に、バナナの切り口が下になるように並べる。


3.強めの中火にグラニュー糖が
ふつふつとキャラメル色になるまで焼く。


4.こんがりしてきたら、フライパンの端のほうに寄せ、
できるだけキャラメルの部分に触れないように、
フライ返しで裏返す。



5.両面を焼くことで完璧な「80℃バナナ」のでき上がり。



キャラメル状のグラニュー糖が付いた
切り口はパリッパリで、とっても美味しいです。


色んな食べ方で楽しめますね。


一旦、温めれば冷やしてもOK!


バニラアイスと練り合わせて
キャラメルバナナアイスにする、
なんて楽しみ方もできちゃいます。



インフルエンザを防ぐ成分も含まれている


バナナの中にある、レクチンと呼ばれるタンパク質
通称「BanLec」



バナナは体にとても良い食べ物、
インフルエンザ予防にも、効果が期待されます。



BanLecはインフルエンザウイルスからの
感染を防ぐ可能性があるのです。



どこででも手に入る庶民的なバナナが
今後インフルエンザ予防の切り札に
なりそうですね。





出典 こけももっちさん





続きはこちらからどうぞ!





 カテゴリ
Copyright © 美肌からはじまる心の美容と健康の学びサロン! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます