フリーのカテゴリ記事一覧

いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!

カテゴリ:フリー

フリーのカテゴリ記事一覧。いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!
固まった砂糖をサラサラに戻す方法

フリー
「固まった砂糖をサラサラに戻す方法」★食パンをちぎって入れる・ふたをして5〜6時間おいておくと、食パンの水分が適度に砂糖に吸い取られ柔らかくなる。・食パンの量…

記事を読む

レモン白湯の美容と健康効果

フリー
「レモン白湯の美容と健康効果」   ★レモン白湯とは?!  白湯がここに来てじわりじわりと人気が高まっています。白湯を飲むことによって胃と腸の働きを改善してく…

記事を読む

ノンオイルドレッシングの落とし穴

フリー
「ノンオイルドレッシングの落とし穴」■ノンオイルドレッシングのイメージ = ヘルシー♪ノンオイルドレッシングは確かにカロリーは低いけど…・ノンオイルドレッシング…

記事を読む

固まった砂糖をサラサラに戻す方法



「固まった砂糖をサラサラに戻す方法」


16097256947_0fbfa8aca9_z.jpg



★食パンをちぎって入れる


・ふたをして5〜6時間おいておくと、食パンの水分が適度に砂糖に吸い取られ柔らかくなる。

・食パンの量は砂糖1kgに1枚くらい。

・ロールパンでも可能。


★キャベツの葉を入れる


・砂糖1カップに約1/3枚のキャベツの葉を入れておくと砂糖がほぐれる。

・捨てる予定だった外側の固い葉や、色が悪い部分が有って使えない葉を使うとエコで良い。


★霧吹きでシュッとする


・砂糖全体に霧吹きで湿気を与え、密閉しておく。

・ポイントは砂糖の量に合わせてとにかく少量から、様子を見ながら吹くこと。


★電子レンジでチンする


・電子レンジに入れ、様子を見ながら一分ほど加熱する。

・砂糖同士をくっつけていた微量な水分を飛ばしサラサラになる。

・電子レンジのかけすぎに注意。砂糖に熱が入りすぎると溶けたり、飴状になったりする。


★新しいサラサラの砂糖をかける


・密封できる容器に固まった砂糖を入れ、その上に新しいサラサラの砂糖を入れて、蓋を閉めて置いておく。

・新しい砂糖の水分を吸収して固くなった砂糖は柔らかくなる。


★そもそも固まらないように予防するには


・維持するコツは湿度を一定に保つこと。袋のままだと湿気が移ってしまうのでプラスチックの容器などで密封して保存するとよい。


・密封で保存ができない場合はプレーンヨーグルトなどについてくる顆粒の砂糖を混ぜておいてもよい。

・砂糖5に対して顆粒状糖1の割合で混ぜ合わせておくと、固まりにくく水にとけやすい性質により砂糖が固まらなくなる。



出典 sutamuさん







続きはこちらからどうぞ!



レモン白湯の美容と健康効果


「レモン白湯の美容と健康効果」

f2c99745aacb7ce8544a9ffcf3db2c2e.jpg



 
 
 
★レモン白湯とは?!


 
 
白湯がここに来てじわりじわりと人気が高まっています。白湯を飲むことによって胃と腸の働きを改善してくれるので、白湯を毎日飲む人が増えています。



 
 
これからの季節はお腹を冷やさないためにも白湯がおすすめです。そうした中で芸能人の間でも白湯を愛飲している方が結構います。有名所ではローラさんとマギーさんですね。



 
 
お二人共さらに白湯を美味しく飲むためにレモンを入れてるようなんですが、ホットレモネードのような感覚で白湯を飲めるようで、若い人たちの間でもかなり好評です。




 
レモンは刺激が強いのでレモン汁をしぼって飲むことはできませんが、白湯に少しいれることによって、ほんのりとした酸味が効いて美味しくいただけます。



 
 
しかも、レモンが入ることによってダイエット効果が高まり、体内の水分維持、消化機能が向上します。また、レモンに豊富に含まれるビタミンCの補給に高い効果があります。



 
 
 
 
★レモン白湯の作り方





 
 
レモン白湯の作り方は、ここで解説するまでもなく非常に簡単です。カップ1杯の白湯に半分に切ったレモンの果汁を絞って入れるだけです。ショウガを入れても美味しいです。



 
 
身体が芯からぽっかぽかになるので、これからの寒くなる季節にぴったりですし、不足しがちなビタミンを効率よく摂取できるので朝晩レモン白湯を飲みたいですね。



 
 

 
 
 
続きはこちらからどうぞ! 






 カテゴリ

ノンオイルドレッシングの落とし穴




「ノンオイルドレッシングの落とし穴」





spoon-2.jpg




■ノンオイルドレッシングのイメージ = ヘルシー♪ノンオイルドレッシングは確かにカロリーは低いけど…



・ノンオイルドレッシングは油分を除去しているので、カロリーは他のドレッシングよりも格段に低くなっています。


・ローカロリーやノンオイルなど、脂肪分や油をカットした商品が当たり前になっているこの時代。ノンオイル = 健康的というイメージが定着していますが、本当にそうでしょうか?昔の人が当たり前のようにドレッシングに油を含めてきた事を無視して良いのでしょうか…?



落とし穴@ 油の代わりに使われているもの = 糖分


・太りたくないからと油分を摂らないようにノンオイルばかりの食事にすると、落とし穴があります。ノンオイルドレッシングは油の代わりに果糖ぶどう糖液糖が主体なので油を糖類に置き換えているだけの商品が多いようです。油脂を使わないことの物足りなさを、糖類でカバーしているとも言えます。またノンオイルドレッシングは糖分だけでなく塩分も多めに入ってますので塩分も通常のドレッシングに比べて多く、食事制限をしている人は結構注意が必要です。ドレッシングやポン酢を買う際には、よくラベルを見て天然のものがしっかりと上位に表示されているものを買われる事をおすすめします。多くのノンオイルドレッシングは前述のように成分表示を見ると果糖ブドウ糖液糖が上位に表示されています。これらはサラダに油の代わりに砂糖をかけて食べているようなものです。



落とし穴A ドレッシングの油にはちゃんと意味がある



・ノンオイルドレッシングに弊害もあることをご存じでしょうか?それはビタミンの吸収率を下げてしまうことです。脂溶性のビタミンAやビタミンE、βカロテンなどは、油分がないと格段に吸収率が落ちてしまうのです。せっかく野菜を食べたのにそれに含まれるビタミンが吸収できないなんてもったいなすぎますよね。せっかく食べているのですから、栄養の吸収も効率的にしたいところです。ノンオイルドレッシングにするよりも普通のドレッシングを使って、献立の他のところで油分をとりすぎないように気をつけるほうが良いと思いませんか?野菜の栄養をきちんと摂る、という意識を持って、他のメニューまで含めて考えるのが良さそうです。ドレッシングに対して過度に低脂肪を求める必要はないのかも知れません。



出典 lessthanpandaさん





続きはこちらからどうぞ!



 カテゴリ
Copyright © 美肌からはじまる心の美容と健康の学びサロン! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます