フリーのカテゴリ記事一覧

いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!

カテゴリ:フリー

フリーのカテゴリ記事一覧。いつでも笑顔になれる美肌を手に入れるために必要な美容と健康に関する情報を配信中!動画で学べるから自分のペースで学べます!
大根の葉っぱも食べましょう!

フリー
「大根の葉っぱも食べましょう!」●大根の葉っぱは栄養の宝庫・大根の「葉」は緑黄色野菜に分類され、βカロテン、ビタミンC、ビタミンK、葉酸などのビタミン、カリウム…

記事を読む

簡単!野菜を干して栄養凝縮の乾物にする方法

フリー
「簡単!野菜を干して栄養凝縮の乾物にする方法」●天日干しするだけで、風味や栄養価が増す乾物風味や栄養価がとても高い乾物。意外にも、ほぼ全ての野菜を天日干しする…

記事を読む

最近話題の黒豆茶

フリー
「最近話題の黒豆茶」●黒豆茶(くろまめちゃ)とは、黒豆(黒大豆)を原料として使用したお茶のこと。・黒豆には元来カフェインが含まれておらず、黒豆茶はノンカフェイ…

記事を読む

大根の葉っぱも食べましょう!


「大根の葉っぱも食べましょう!」

930-002.jpg



●大根の葉っぱは栄養の宝庫



・大根の「葉」は緑黄色野菜に分類され、βカロテン、ビタミンC、ビタミンK、葉酸などのビタミン、カリウム、カルシウムなどのミネラルといった多くの栄養素が含まれています。


・鉄分はほうれん草と並んで多く、カルシウムも小松菜に匹敵するほど含まれています。

・血行を促し、体全体をあたためることから冷え症にも効果的なんです。

・大根は食物繊維やビタミンA、Cが豊富で、お腹の中をキレイにデトックスしてくれます 葉は緑黄色野菜なみに栄養豊富で抗酸化物質のβ-カロテンやカルシウムや鉄分などのミネラルを含みます。 胃腸を整え、便秘解消や冷え、余分なものを排出して肌もキレイになります。



●捨てるなんてもったいない!ぜひ食べましょう


・捨ててしまう人も多いかもしれないけど、実は味噌汁やおひたし、チャーハンなどいろいろな料理に使えます。


・葉を切り落として売られていることが多いですが、葉のついたものが店頭に並んだ時は、積極的に購入するのも生活の知恵の一つです。葉つき大根を手に入れた際は、葉は捨てずにお料理に活用しましょう。


・旬のものは特に栄養価も高いですから、葉もしっかり食べて余すことなく野菜のパワーを身体に取り入れて下さい。



●自家栽培もできちゃいます


・大根の葉の部分から実の方へ5cmくらい残して切り、その部分を水につけておくと再び葉が成長して、その葉も食べれられるんです。


・ダイコン自体の上部の栄養を元に、葉がどんどんと出てきますので楽しみですね。



出典 LIFE_STYLEさん








続きはこちらからどうぞ!



 カテゴリ
 タグ

簡単!野菜を干して栄養凝縮の乾物にする方法


「簡単!野菜を干して栄養凝縮の乾物にする方法」




ffabf2f5e82d9256e18ca09a661e7ec3.jpg



●天日干しするだけで、風味や栄養価が増す乾物
風味や栄養価がとても高い乾物。意外にも、ほぼ全ての野菜を天日干しすることが可能で、自宅で簡単に出来てしまうのも魅力です。


・うま味や甘味が凝縮されるので、生とは違った風味や美味しさがあります。

・水分を抜くことで長期保存ができるようになり、かつ干すことで旨みが増し、歯ごたえも出てきます。

・自宅で作ると、自分の好みの乾燥度を選べますので、乾かしながらつまんで、違いを比べるとよいでしょう。


●自宅でカンタンに出来てしまう!


▼果物
ドライフルーツになるので、おやつや料理にも大活躍します。マンゴー、イチゴ、キウイ、パイナップル、リンゴ、バナナなど、お好みの果物でも良いですし、残ってしまった場合に気軽に始められるのが嬉しい所です。


「注意点」
裏表、まんべんなく干すようにする為にも、合間を見てひっくり返しましょう。



・皮は薄く剥き、キッチンペーパーなどで綺麗に水気をとります。食べやすいサイズに薄く切り、水切りざるに広げて、干すだけでOK。


・りんごなどの大きくて厚みのあるものは薄切りに、ブドウなどは房からとって重ならないようにして、日当たりのよい日中に干しておくのです。皿に並べるだけでもよいのですが、その場合、裏面がなかなかドライになってくれないので、時間を空けてひっくり返しましょう。


・干したフルーツはそのままでもおいしくいただけますし、数種類を組み合わせてフルーツティーにするのもおすすめ。残った場合は、さらに時間をかけてしっかりと干し、よく乾燥させて保存できます。



▼トマト
まずは簡単なプチトマトがオススメです。ドライトマトはスープやパスタにも大活躍します。


・皮はむかずにそのまま干すようにして下さい。トマトは崩れやすいので切る時に注意が必要です。

・種を取り除いて皮付きのまま干します。まずはプチトマトがおすすめ。

・天日で干したものは味がよく、一年中いろいろな料理に使えます。ミニトマトやイタリアントマトは栽培がとても簡単なので大きなプランターなどで育てて収穫しては干すのも良いです。



▼大根
分厚く切って干しても、薄くスライスして干しても大丈夫です。


・皮つきのままよく洗って薄切りにし、ざるにのせて日当たりのいいベランダへ置きます。

・生で干すか、加熱して干すかで味覚がかなり変わります。一日干しただけでも旨みが凝縮されるので、煮物などの味もアップ。よく洗って、皮を剥かないまま干せば水で洗うとすぐ戻る切干大根に変身。

・大根は干すことでカルシウムや鉄分、ビタミンB群がドカンと増えます。


▼野菜類
ほぼ全ての野菜で干すことが可能ですが、もやしやレタスなどの傷みやすい野菜は避けましょう。冷蔵庫に残り野菜があったら、早速干してみましょう。干すことで、素材の持つ甘みや旨みが濃くなりおいしさがアップします。

「注意点」
早く乾かすために、野菜の水分が多い部分は取り除きましょう。


・干し野菜を作るために特別な道具は必要ありません!通気性と衛生面がよければ何でもOKです。お家にあるもので簡単に作れます。


・洗ってから、皮をむかずにカットします。作りたい料理に適した形・大きさをイメージしながら切りましょう。野菜は乾燥させると縮むので、やや大きめに切っておくと良いでしょう。


・適当な大きさに切って竹のザルに並べたらベランダの日向に置きます。たったこれだけの作業で残り物の野菜たちが別物のように美味しくなります。



▼根菜類
根菜類は、種類を選ばずに干せるのが嬉しい所です。根菜類に限らず、ほぼ全ての野菜を干すことが可能なので、残った野菜があれば一緒に干してみるのもオススメです。

「注意点」
土を綺麗に洗い落として、皮は剥かずに干すようにしましょう。


・根菜類は皮をむかずに干してください。泥や汚れはタワシや竹串などを使ってきれいに洗い落とします。水気はしっかりふき取ってください。切り方は自由ですが、用途を考えて切っておくと後々、便利です。


・スライスした根菜を、ザルや網などに重ならないように並べ、風通しがよく、日当たりのよい場所で30-60分ほど干して水分を飛ばします。根菜の隅がチリチリに乾く位がちょうど良いです。


・食物繊維が多い根菜類を干して使えば生で使うのとは違った風味が楽しめます。


▼きのこ類
しめじ・椎茸・エリンギなど色々試してみましょう。


・きのこをおいしくする、もう一つの裏ワザは「干す」。きのこを干すと、やはり細胞が壊れて、うまみが作られやすくなるのです。


・石づきを取り除いて手でほぐし、2時間〜半日ほど天日で干します。クシャッとシワがよったら完成の目安。急ぐ場合は小分けにしてから干すと早く乾燥します。


・キノコは紫外線を浴びると、旨みが増すだけでなく、ビタミンDなどの栄養価も高まります。



出典 ピュンマさん









続きはこちらからどうぞ!





 カテゴリ
 タグ

最近話題の黒豆茶


「最近話題の黒豆茶」



taberukuromame2.jpg



●黒豆茶(くろまめちゃ)とは、黒豆(黒大豆)を原料として使用したお茶のこと。





・黒豆には元来カフェインが含まれておらず、黒豆茶はノンカフェインのお茶。また、お茶は黒豆を摂取する一つの方法。手軽で継続しやすいと言われています。






●黒豆(くろまめ)の効果





・満腹感が得られるので、食欲が抑えられる!



・オリゴ糖や水溶性食物繊維、ペクチンで、便秘解消!



・サポニンが身体の体脂肪を減少し排出!




・黒豆には利尿作用があるので、むくみが気になっている方にもオススメです。
身体の余分な水分を排出し解毒作用もあります。







●黒豆茶に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをする成分です。







・ 血液がさらさらになる効果もあり、高血圧が治ったり動脈硬化を予防してくれます。 黒豆には主に血を補う作用があります。








●黒豆茶のつくりかた






・1人分の作り方は、黒豆を大さじに山盛り1杯(15−20グラム)分、そのままカップに入れて、電子レンジに1分半から2分ほど。表面の黒い皮に裂け目が入り、香ばしい香りがしてきたら電子レンジから出す。
そのカップに熱湯を150−200ミリリットル注ぐ。フタをして約5分蒸らせばできあがり。








●なぜ黒豆で痩せるのか?





・黒豆にはシアニジンが含まれており、その量は他の食品と比べて圧倒的に多いと言われています。みなさんが食事で摂取した脂肪を、黒豆に含まれるシアニジンは包み込んでくれて、脂肪が腸で吸収されるのを防ぎます。脂肪を吸収しない身体になるため、結果的に減量=ダイエットに繋がる・・・これが黒豆ダイエット方法で痩せる理由です。







出典 cookpadさん













続きはこちらからどうぞ!






 カテゴリ
 タグ
Copyright © 美肌からはじまる心の美容と健康の学びサロン! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます